【bright data(ブライトデータ)はなぜ選ばれるのか】bright data(ブライトデータ)を導入するメリット

Scraping(スクレイピング)を行いたいと思った時に、プロキシサービスの選択肢として必ず挙がると言っても過言ではないbright data(ブライトデータ)。なぜ世界中で多くのユーザーに選ばれているのかを掘り下げるため、この記事では、bright data(ブライトデータ)を導入するメリットを含めてご紹介していきます。

bright data(ブライトデータ)が選ばれている理由

https://brightdata.jp

 

bright data(ブライトデータ)は、世界において150,000以上もの企業に採用されている実績を誇ります。さらには、プロキシ技術に関連する2,200以上もの特許を取得しており、最先端の高い技術を有していることがわかります。

 

この項目では、bright data(ブライトデータ)が選ばれている主な理由を6つピックアップしてご紹介していきます。

 

  • セキュリティの高さ
  • 法令を遵守している
  • グローバルサポートが充実
  • リアルタイムかつ新鮮なデータをソーシャルメディアから収集できる
  • 広告費用効果を最大化できる
  • eコマースでも活用可能Bright Dataは、ユーザーに役立つツールと情報を開発・提供しています。インターネット上の情報をビジネスに活用したい人は、是非ともBright Dataと契約してください。

    Bright Dataの公式サイト

    日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

セキュリティの高さ

bright data(ブライトデータ)が選ばれる理由の1つとして、透明性をはじめ安全性やコンプライアンスのベストプラクティスを確立する上で、データ収集業界をリードし続けており、数多くのグローバルセキュリティ企業がセキュリティ運用に直接統合していると言う実績があります。

 

実際にユーザーをはじめ、SDKパートナー及びそのユーザーのプライバシーとセキュリティを保護するために、セキュリティの脆弱性を常に監視しており、万が一bright data(ブライトデータ)が提供しているサービスのどこかにセキュリティあるいはプライバシーの問題が発見された場合にも、隠蔽せずユーザーとともに協力して解決していくとしています。

 

下記のような様々な認定を受けたり、監査に通ったりしてきていることも、bright data(ブライトデータ)のセキュリティの高さ及び信頼性の高さが証明されていると言えるでしょう。

 

  • CSAメンバーにより認定されたネットワーク製品AppEsteem
  • Whitelisted by(Avast,AVG,Sophos,Mcafee)
  • See how Bright Data network apps:最も厳格なセキュリティガイドラインに準拠
  • サードパーティーの監査
  • One Security-ISO27001-2022
  • Cycloack-SDK Pil Review-2021
  • HFN-GDPR-2021
  • HFN-Security Assessment-2020
  • Herzog Strategic-Security Report-2020

法令を遵守している

当たり前のことですが、bright data(ブライトデータ)は、新しいEUデータ保護規制フレームワークであるGDPR及び2018年のカリフォルニア州消費者プライバシー法をはじめ、CCPAを含む関連する全てのデータ保護の法的要件への準拠に全力で取り組んでいます。

 

データをScraping(スクレイピング)することができるbright data(ブライトデータ)を、時には悪意を持って利用するユーザーもいるかもしれません。しかしそのような悪意ある使用を抑止したり防止したりして、ユーザーにとって安全かつ倫理的であることを保証しているのです。

 

具体的にはResidential proxies(レジデンシャルプロキシ)あるいはMobile proxies(モバイルプロキシ)を利用希望する新規ユーザーには厳格な審査があり、利用目的がbright data(ブライトデータ)が定める厳格な基準を満たしているか否かを確認するため、コンプライアンス担当者の承認が必要となっています。

 

また、不正使用らしき動きを自動検出すると、コンプライアンスチームが該当アカウントをブロックしたり、定期的に無作為に直接ログをチェックするマニュアル検査などを実施したりしています。

グローバルサポートが充実

bright data(ブライトデータ)では、24時間年中無休のライブサポートを行っており、何か不明点やトラブルがあったら、いつでも問い合わせることができます。各国のスタッフが揃っているため、国や言語にとらわれずサポートを受けることができるというのが、世界中で選ばれている理由でしょう。

リアルタイムかつ新鮮なデータをソーシャルメディアから収集できる

bright data(ブライトデータ)では、Scraping(スクレイピング)を行う以外にも、そのデータ収集の技術を生かして、様々なことができます。

 

例えば、ソーシャルメディアデータ用のプラットフォームを活用することにより、位置情報をはじめフォロワー数、業界などのフィールドごとに包括的なデータセットを絞り込むことで、関連性が高いと思われるインフルエンサーを見つけたり、投稿や「いいね」、コメントやハッシュタグ、動画などから抽出したリアルタイムデータから的確な消費者に向けたマーケティング活動に生かしたりすることが可能です。

 

また、人物をはじめ、仕事や企業データなどのデータベースから選別を行い、新しいリード(見込み顧客)を開拓したり、レビュー及び競合他社のWebサイトのデータを利用して新しいリード(見込み顧客)に狙いを絞ったりすることもできます。

 

これらのことから、消費者のあらゆる行動パターンの変化を見極めることができるので、高い精度で人気商品及びキャンペーンを予測し、マーケティング活動に大いに生かすことができ、既存のキャンペーンなどを的確に評価することでキャンペーンにかかるコストを最適化しつつ消費者から共感を得ることができるようなコンテンツを作成することも可能なのです。

広告費用効果を最大化できる

bright data(ブライトデータ)では、広告費用効果を最大化することも可能です。

 

広告のクオリティを計測した上で、的確なターゲットに見てもらえるような位置やサイズを提案することはもちろんのこと、スマートなインフルエンサーキャンペーンを構築するために、様々な観点からブランドアンバサダーを抽出することで、真のユーザーエクスペリエンスを理解することができます。

eコマースでも活用可能

bright data(ブライトデータ)のData Collector(データコレクター)を活用することで、競合他社のインベントリ及び価格をリアルタイムでモニタリングするというようなことも可能です。

 

つまり、世の中にあるあらゆるeコマースWebサイトから信頼に足るデータを簡単かつ自動、さらには周期的に収集できるので、全商品の現行価格や値引き額、新規セールスなどを把握することができ、さらに自社商品の高すぎず低すぎない絶妙な価格設定をデータという裏付けを元に行うことができるということです。

 

このように、bright data(ブライトデータ)は、業界問わず使い方次第でユーザーのニーズに合わせて活用することができるので、公式ホームページで様々な活用例を参考にしてみても良いでしょう。

Bright Dataは、ユーザーに役立つツールと情報を開発・提供しています。インターネット上の情報をビジネスに活用したい人は、是非ともBright Dataと契約してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

bright data(ブライトデータ)を導入するメリット

https://pixabay.com/ja/photos/仕事-ビジネスマン-椅子-1839191/

 

bright data(ブライトデータ)が選ばれている理由がわかったところで、ここからは実際に導入することで得られる代表的な下記の6つのメリットについてご紹介していきます。

 

  • コストパフォーマンスが高い
  • 安全性が高い
  • 日本人の担当者が付く
  • 日本語の資料も作成してもらえる
  • 支払方法はPaypalかクレジットカード
  • 無料トライアルがある

コストパフォーマンスが高い

従来Scraping(スクレイピング)技術は、プログラミングができる方であれば、自らの手で構築することもできますが、プログラミングの知識がない、時間がないなどといった方でもbright data(ブライトデータ)を利用するとAPI機能が充実していることから、ノーコードで望むデータを簡単に取得することが可能です。

 

料金設定についても、従量課金制をはじめ月額プラン、年額プランなどの豊富な選択肢があることから、一からプログラミングを行うよりも利用目的や規模によって納得のいく金額で簡単に導入できるため、コストパフォーマンスが高いと言えます。

安全性が高い

先ほども述べたように、bright data(ブライトデータ)は、世界中のあらゆる業界のデータを取り扱うことから、セキュリティ面やコンプライアンス面を重視しており、高い安全性を誇ります。

 

例えばIPアドレスを追跡させなかったり、HTTPによる安全対策を行ったりと、ユーザーから見ても安心して利用できるというのが、メリットの1つであると言えるでしょう。

日本人の担当者が付く

bright data(ブライトデータ)は、グローバルサポートが充実しているため、日本人スタッフが担当者として日本語でサポートしてくれます。さらにメールだけでなく、スカイプでも対応してもらえるので、プロキシ初心者でも安心です。

日本語の資料も作成してもらえる

日本人の担当者がサポートしてくれるだけでなく、必要に応じて日本語の資料も作成してもらえるのも大きなメリットの1つです。プロキシ初心者かつ英語に苦手意識のある方にはbright data(ブライトデータ)は非常に利用しやすいと言えます。

支払方法はPaypalかクレジットカード

海外のサービスであるbright data(ブライトデータ)ですが、国際送金だけでなく、馴染み深いPaypalやクレジットカードで支払うことができるので、このことからも導入ハードルは低いのではないでしょうか。

無料トライアルがある

法人ユーザーであれば、下記サービスの7日間の無料トライアルを利用することができます。

 

  • Data Collector(データコレクター)
  • Web Unlocker(ウェブ アンロッカー)
  • Residential proxies(レジデンシャルプロキシ)
  • Mobile proxies(モバイルプロキシ)

 

ただし、上記以外のサービスを利用する場合には、課金が必要となりますので、注意してください。

bright data(ブライトデータ)のSearch Engine Crawler(サーチエンジンクローラー)を使用するメリット

https://pixabay.com/ja/photos/サイバーセキュリティ-募集-2776600/

 

ここでは、bright data(ブライトデータ)のSearch Engine Crawler(サーチエンジンクローラー)を使用するメリットにフォーカスし、下記の2つをご紹介していきます。

 

  • 検索エンジンを高い精度でスクレイピング可能
  • 支払いは成功した時のみ

検索エンジンを高い精度でスクレイピング可能

従来、Scraping(スクレイピング)を行おうとすると、reCAPTCHA認証が必要となり、想定以上に時間や手間がかかることがありますが、Search Engine Crawler(サーチエンジンクローラー)では、ユーザーが作成したデータセットをもとに、ユーザーのデバイスを使用しながら、非常に簡単な操作で、主要検索エンジンから正確なSERPデータを収集することができます。

 

そのため、効率よくスピーディーに高い精度でScraping(スクレイピング)が実行できるのです。

支払いは成功した時のみ

Search Engine Crawler(サーチエンジンクローラー)のメリットとして、あくまで成功リクエストにのみ支払いが実施されるため、何らかのエラーによりデータ抽出に失敗してしまったとしても安心です。

 

さらに、サーバーのメンテナンス費用もかからないのでコストパフォーマンスはとても良いと言えるでしょう。

まとめ

bright data(ブライトデータ)はなぜ選ばれるのか、bright data(ブライトデータ)を導入するメリットについて、ご紹介してきました。

 

Scraping(スクレイピング)を効率よく低コストで、さらに高い精度で行いたいという時にはbright data(ブライトデータ)がいかに有能かご理解いただけたのではないでしょうか。セキュリティ面でも安心して利用できるbright data(ブライトデータ)を是非活用してみることをおすすめします。

Bright Dataは、ユーザーに役立つツールと情報を開発・提供しています。インターネット上の情報をビジネスに活用したい人は、是非ともBright Dataと契約してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

<参考資料>

https://saas-navi.com/proxy/bright-data-about/

https://brightdata.jp

https://saas-navi.com/proxy/bright-data-search-engine-crawler/

https://netchild.net/proxy-jp/

https://brightdata.jp/trustcenter

https://brightdata.com/ethical?lang=ja

https://brightdata.jp/contact

https://brightdata.jp/use-cases/social-media-for-marketing

https://brightdata.jp/use-cases/adtech

https://brightdata.jp/use-cases/ecommerce