プロキシサーバーのホワイトリスト設定

プロキシサーバーもホワイトリストに関係がある

プロキシサーバー経由のインターネットは、さまざまなインターネットサービスに関係していますが、インターネットサービスによってはプロキシサーバーをブロックすることがあります。ブロックされたらサービスにはアクセスできませんが、ホワイトリストに入れたらアクセスできるようになります。

ホワイトリストに入れる方法は広く紹介されているので実行は簡単ですが、自ら運営するプロキシサーバーのホワイトリストを作成するのは少し面倒です。本記事ではSquidで、ホワイトリストを作成する方法を紹介します。

ホワイトリストの詳細

ホワイトリストという言葉を聞いたことがない人でも、ブラックリストという言葉は聞いたことがあるでしょう。ホワイトリストは、ブラックリストの反対の意味を持つ言葉です。

世の中には使用したら危険なアプリケーションやシステムがありますが、アクセスされる側のシステムは自動的にそれらをブラックリスト化し、ユーザーのパソコンやwebサーバーのパソコンを守ります。しかしシステムによるブラックリスト化は、誤判定が目立ちます。

プロキシサーバーも誤判定され、ブラックリスト化されることがあります。ブラックリストに追加されたプロキシサーバーは、アクセスしても拒否されます。

先日は私はあるサービスに登録しようとしましたが、システムによってブロックされました。原因は一部のブラウザアプリでしたが、システム側はそのアプリをブラックリストに判定したようです。しかしそのアプリそのものは、怪しいものではありませんでした。

自動的にブラックリスト化する機能は便利ですが、必要なアプリやシステムがブロックされたら困ります。そのようなときは、ホワイトリストに追加するしかありません。

自前のプロキシサーバーはホワイトリストを編集した方が安心

プロキシサーバーをホワイトリストに追加する方法は、システムによって異なります。各システムは、ホワイトリストに追加する方法を公開しているので参考にしてください。こちらのコーナーでは、Squidでホワイトリストを編集する方法をみていきます。

Squidをインストールする

まずはSquidをダウンロードしますが、バイナリファイルをダウンロードした方が楽です。

Squidのバイナリファイル

ダウンロードした後はインストールしますが、「yum -y install squid」コマンドでインストールします。Linuxコマンドに慣れている人であれば簡単ですが、コマンドを打つときは大文字と小文字、スペースの位置に気を付けましょう。

squid.confを探す

Squidのさまざまな項目はsquid.confで編集できます。ホワイトリストとブラックリストのファイルの指定も、squid.confファイルでできます。ホワイトリストとブラックリストの編集方法を学ぶ前に、その他の重要な編集項目を紹介します。

  • SSL接続時に443ポート以外のCONNECTを拒否
  • 接続先として指定されているポート以外を拒否
  • キャッシュの設定
  • 自身からのアクセスを許可
  • Squidが使用するポートを指定(3128)

最初の2つはセキュリティ対策では大切なので、忘れずに編集してください。非公開プロキシだったら心配する必要はないと思いますが、公開プロキシの場合は悪意ある第三者が攻撃する可能性があります。

ブラックリスト用のファイルを編集する

ブラックリスト用のファイルを編集することは、ホワイトリスト用のファイルを編集するよりも重要です。まずはブラックリスト用のファイルを新規作成します。ブラックリスト用のファイルを新規作成したら、ブラックリストに追加したいURLを一行一行追加します。

ブラックリスト用のファイルに追加しただけでは反映しないので、squid.confを編集します。記述方法はインターネットで広く紹介されているので、参考にしてください。

ホワイトリスト用のファイルを編集する

ブラックリスト用のファイルと同じく、ファイルを新規作成します。次はアクセスを許可するURLを一行一行指定します。それからはsquid.confを編集し、ホワイトリスト用のファイルが反映されるようにします。

ACLコマンドを使い反映させます。詳しい記述方法はインターネットで紹介されているので、躓いた人は検索して疑問点を解消してください。ACLメソッドはさまざまな制御ができるので便利です。

ホワイトリスト方式はさまざまなシステムで活用されている

ホワイトリスト方式はプロキシサーバーだけではなく、セキュリティ対策ソフトやメーラーでも活用されています。名称は異なっていてもリストの役割は、プロキシサーバーのホワイトリストと同じです。

ホワイトリストに追加する方法は、各セキュリティソフトやメーラーのサポートページを参考にしてください。すべてが良いサイトだったらブラックリストファイルも、ホワイトリストファイルも作成する必要はありません。

しかし現実は一定の割合で、良いサイトと悪いサイトが存在しています。そのようなサイトを、システムのアルゴリズムだけで見分けるのは大変です。そうであればユーザーがブラックリストとホワイトリストに、該当のURLを追加するしかありません。

プロキシサーバー経由のインターネットはさまざまなメリットがある

プロキシサーバーが原因でインストールできなかったり、特定のサイトにアクセスできないことはありますが、プロキシサーバーの導入はデメリットよりもメリットの方が大きいです。以下では詳しくみます。

画像の表示が速い

最近知ったことですがGmailではユーザーがメールを開くときに、Google のプロキシ サーバーを経由してメールに埋め込まれた画像を表示しているそうです。このようなシステムを採用している理由は、画像のセキュリティ脆弱性に対処し、ユーザーやドメインの安全性を確保するためだと説明しています。

確かにGmailの主張には理がありますが、プロキシサーバーで画像を表示するメリットはそれだけではありません。プロキシサーバーにはキャッシュ機能があり、一度閲覧したデータはキャッシュ領域に保存されます。

プロキシサーバーのキャッシュ領域に保存されるので、二回目以降はwebサーバーにアクセスする必要がありません。そうなれば通信の一過程が省略されることになり、結果的に二回目以降はデータの表示が速くなります。

テキストデータであればプロキシサーバーのメリットは感じないと思いますが、画像ファイルを表示するときは、プロキシサーバーのメリットを感じると思います。

外国のIPアドレスが使える

日本国内の日本人が外国のIPアドレスを利用することは難しいですが、プロキシサーバーを使えば簡単に実現します。外国のIPアドレスを使うメリットは、閲覧できるサイト数が増えることです。海外のサイトの中には、IPアドレスで海外からのアクセスをブロックするケースがあります。

ブロックされた国の人はそのサイトにアクセスできませんが、許可されたIPアドレスに乗り換えたらアクセスできるでしょう。プロキシサーバーの多くは海外のIPアドレスを用意しているので、契約完了後は自由に使えます。

ただ用意されている海外のIPアドレスが少ない場合、不便を感じることがあります。フランスのIPアドレスを使いたいのに、アメリカのIPアドレスしか用意していなかった。このような例は多いと思います。

さまざまな国のIPアドレスを使いたい人は、Bright Dataと契約すればいいと思います。Bright Dataは世界十ヶ国にデータセンターを置いているので、閲覧可能サイト数は飛躍的に増えます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのここに注目

これからはBright Dataの注目ポイントを紹介します。

Bright Dataには便利なクローラがある

Bright Dataにはクローラがありますが、Googleのクローラのように情報を自動収拾します。昨今はインターネットから情報を仕入れることが多いですが、人力での収集には限界があります。

Bright Dataのクローラは設定をすれば自動的に収集したい情報が取得できるので、非常に効率的です。インターネット上の膨大な情報を人力で収集しようと思えば、多くのスタッフが必要です。多くのスタッフを雇えば、人減費が膨れ上がるのはいうまでもありません。

Bright Dataは一ヶ月から契約できる

プロキシサーバーに関心があったので契約したけど、想像していた内容と違った・・・このようなケースはあると思います。しかし契約期間の縛りがあるサービスを途中でやめたら、残りの契約期間のコストは無駄になります。

Bright Dataは一ヶ月から契約できるので、気楽に解約できます。またさまざまなプランがあるので、自社に適したプランが見つかりやすいです。体験版もあるので、不安な方は一度体験してください。

Bright Dataには操作を簡単にするツールがある

一般的にプロキシサーバーの操作は難解ですが、Bright Dataにはプロキシマネージャーというツールがあります。プロキシマネージャーができることは多いです。主な項目を紹介します。

  • IPアドレスの指定
  • トラフィックの管理
  • クローラの作動

これらの操作をプロキシマネージャーなしですると大変です。プロキシサーバーに慣れている人でも、手こずることが多いです。そんなプロキシマネージャーですが、Bright Dataと契約すれば無料で使えます。

まとめ

プロキシサーバーのホワイトリスト編集方法について解説をしましたが、ホワイトリストの作成はプロキシサーバーを快適にします。今回はSquidで解説をしましたが、他のプロキシサーバー構築ソフトでもチャレンジしてください。

昨今はビジネスでプロキシサーバーを利用する会社が増えてきましたが、ビジネスで使うときはBright Dataが一番です。Bright Dataのコストパフォーマンスは群を抜いているので、必ずや利用者に満足感を与えるでしょう。

Bright Dataの決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも簡単に契約できます。情報収集ビジネスに携わっている人は、是非ともBright Dataと契約してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)