スクレイピングツールで卒論のデータを集めよう

webmedia
webmediaは、テーマが大切

大学を中退した私は卒論を書くことはありませんでしたが、大学生にとって卒論は最後の難関でしょう。良い卒論を書くためには論理的な思考能力も必要ですが、教授を納得させるテーマも大切です。

しかしテーマ選びは凄く難しく、多くの大学生は日夜悩みます。本記事ではスクレイピングによるテーマ探しと、スクレイピングの活用方法を解説します。

卒論には絶対的な正解はありませんが、本記事を参考にすればそれなりの卒論は書けると思います。

テーマを決めるポイント

卒論の第一歩はテーマ探しですが、これからは卒論のテーマをスクレイピングを活用し、決める方法を解説します。

トレンドに注目する

Twitter
Twitterのプロフィールは宣伝に活用できる

卒論のテーマが決まらない人は、トレンドに注目しましょう。既に議論が尽くされた分野は卒論には向きませんが、トレンドであれば独自の意見を展開する余地はあるでしょう。

トレンドを見つけるときは、SNSやTwitterに注目したらいいと思います。特にTwitterはトレンド情報の宝庫なので、必ずや卒論のテーマが見つかると思います。Facebookでフレンドが多い人は、フレンドの発言からトレンド情報を集めてもいいでしょう。

ブログサービスも狙い目です。ブログサービスはカテゴリー分けされているので、テーマが探しやすいと思います。アメーバブログであれば、かなりの記事数があると思います。

地味だけど議論が深まりそうな分野を選ぶ

トレンドとは真逆ですが、敢えて地味なテーマを選ぶのもいいでしょう。地味なテーマでも、議論が深まりそうな分野はあると思います。そのような分野で、自分の意見を論理的に伝えたら、教授の心に響くのではないでしょうか?

ところで地味なテーマは、どのように探せばいいのでしょうか?探し方はいろいろあると思いますが、スクレイピングで探す方法を紹介します。

一番簡単な方法は、Q&Aサイトをスクレイピングすることだと思います。Q&Aサイトは悩みの宝庫ですが、Q&Aサイトには地味なテーマが隠れていることが多いです。スクレイピングするときは本文をスクレイピングする必要はなく、タイトルだけスクレイピングしたらいいと思います。

ありふれたテーマを角度を変えて論じる

ありふれたテーマを、角度を変えて論じるのも一つの手です。韓国芸能界に自殺者が多いのは周知の事実ですが、このようなテーマを角度を変えて論じるのも面白いものです。

例えば「韓国の文化から韓国芸能界を分析する」

webmedia
webmediaは、テーマが大切

このような切り口だったら、厳しい教授でも真剣に卒論を読んでくれるでしょう。角度を変えて論じることはスクレイピングとは関係ありませんが、ありふれたテーマを見つけるときは、スクレイピングを活用すれば便利です。

ありふれたテーマを見つけるときも、Twitterが便利だと思います。TwitterAPIを活用すればより便利だと思いますが、検索窓に適当なキーワードを入れ検索してもいいと思います。そのキーワードの記事にリーツイートが多ければ、ピックアップしましょう。

スポンサーリンク

卒論のためのスクレイピングツール活用術

これからは卒論のための、スクレイピング活用術を解説したいと思います。

先ずは見出しに注目する

スクレイピングで卒論のテーマを探すときは、先ずは見出しに注目しましょう。本文を読まなくても、見出しだけで卒論のテーマが決まることはあります。

見だしを見つけた後は、見だしに使われているタグを探してください。使われているタグはソース画面から閲覧できますが、ソースを画面を出すときは対象のページで右クリックしてください。そうすれば、ソースという項目が見えるはずです。(ブラウザによって項目名は多少異なります)

タイトルに注目

スクレイピングツールで卒論のテーマを探すときは、タイトルにも注目しましょう。タイトルは「title」タグに囲まれています。そのためタイトルをスクレイピングツールでまとめて収集するときは、「title」タグを指定する必要があります。

CMSなどはタイトル名以外の文字も含んでいることがありますが、余計な文字は手作業で削除するしかありません。

露出度の高いキーワードに注目

卒論に旬のキーワードを盛り込んだら、教授を惹きつける内容になりやすいです。ところでスクレイピングツールで、旬のキーワードを見つけるには、どうすればいいのでしょうか?

一番簡単な方法はTwitterを活用することです。Twitterを活用すればスクレイピングなしでも、旬のキーワードを見つけることはできます。が、スクレイピングを活用しても、旬のキーワードは見つかります。

旬のキーワード
旬のキーワードを取り上げたら、流入が見込める。

少し面倒ですが、Twitterのツイードやリツイートの内容をスクレイピングします。それからはExcelに転記し、Excelの検索機能で登場回数が多そうなキーワードを探します。登場回数が100回以上であれば、旬のキーワードと判断してもいいのではないでしょうか?

以下のサイトを利用して、旬のキーワードを見つけても構いません。

https://trends.google.co.jp/trends/trendingsearches/realtime?geo=JP&category=all

内容は随時変更になりますが、卒論に使えそうなキーワードはあると思います。

卒論に便利なスクレイピングツール

これからは卒論に便利な、スクレイピングツールを解説します。

シンプルに操作できるツール

卒論で一番手間取るのは資料集めですが、資料を集めるときはスクレイピングが便利です。しかし一部のスクレイピングツールは操作が複雑で、スムーズに目的のデータを収集することができません。

タグが簡単に指定できる、スクレイピングツールが望ましいです。タグの指定に時間がかかりすぎたら、途中で投げ出したくなるでしょう。

費用が安いツール

正社員として働くことが難しい学生は、スクレイピングツールの費用も惜しいでしょう。それならば極力安いスクレイピングサービスを選んだらいいですが、大抵のスクレイピングサービスは一ヶ月契約です。資料集めが5日で済んでも、一ヶ月分の料金を支払わなくてはいけません。

一番安くスクレイピングする方法は、おそらく課金制のサービスだと思います。課金制であれば、スクレイピングした分だけの費用しか発生しません。

スポンサーリンク

Bright Dataは卒論にも便利

Bright Dataのデータコレクターは操作がシンプルなので、初めての人でも直ぐに慣れると思います。また課金制のプランを選択すれば、最低限の支出でスクレイピングできると思います。

Bright Dataのプランはかなり多いので、他にもいいプランがあるかもしれません。気になる方は、問い合わせフォームから質問してください。

Bright Dataのデータコレクターを解説している動画があるので、導入を迷われている方は一度視聴してください。

動画ではライブデータセット、データコレクター、サーチエンジンクローラの解説をしています。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングツールで卒論のデータを集める方法を解説しましたが、スクレイピングは卒論のデータ集めにも有効です。最近は卒論のデータをインターネットから収集する学生が増えてきましたが、インターネットから収集するときは、絶対にスクレイピングが便利です。

スクレイピングツールを選ぶときは、Bright Dataを候補に入れてほしいと思います。Bright Dataは世界的に有名な企業で、海外の一流企業も利用しています。本業はプロキシサーバーの運営ですが、世界をリードするスクレイピングツールも提供しています。

日本語化がかなり進んでいるので、英語が苦手な人でも問題はありません。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます