プロキシサーバーの配置場所はどこか?

プロキシサーバーの配置場所を勉強しよう

プロキシサーバーという名称はポピュラーだと思いますが、プロキシサーバーとは何のためにあるのか?どこに配置されているのかを知らない人は多いと思います。その理由は、プロキシサーバーの配置場所が目視で確認しにくいからです。

本記事ではプロキシサーバーの配置場所について解説をしますが、ネットワーク初心者にも理解しやすいように噛み砕いて解説したいと思います。プロキシサーバーの利用者は年々増えていますが、プロキシサーバーを利用するときはある程度の知識が必要です。

プロキシサーバーの配置場所を知ることで、より安心・安全に利用できるようになると思います。プロキシサーバーは、利用者の意識によって価値が変わってきます。プロキシサーバーの配置場所を学び、プロキシサーバーを安心・安全に使えるようになりましょう。

プロキシサーバーの基本的な流れ

プロキシサーバーの配置場所を知る前に、プロキシサーバーの基本的な用途と通信の流れをみます。用途と通信の流れを知ることで、プロキシサーバーの配置場所がピンとくるようになると思います。

通常のインターネットはクライアントがwebサーバーに直接リクエストを送りますが、プロキシサーバーを利用すると、プロキシサーバーがクライアントのリクエストを先ず受け取ります。クライアントからリクエストを受け取ったプロキシサーバーは、webサーバーにリクエストを中継します。

一見プロキシサーバーの通信の流れを見ると無駄に見えるかもしれませんが、プロキシサーバーにはさまざまなメリットがあります。主なメリットを整理します。

  • プロバイダとは別のIPアドレスが使える
  • アクセス者の履歴を記録する
  • セキュリティ対策になる
  • キャッシュ機能が利用できるので、二回目以降はデータの表示が速くなる

プロキシサーバーの基本的な仕組みを紹介しましたが、次からはプロキシサーバーの配置場所を深掘りしたいと思います。

プロキシサーバーの配置場所の詳細

プロキシサーバーの配置場所を詳しくみていきます。

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間にある

プロキシサーバーの通信の流れをみたらわかると思いますが、基本的にプロキシサーバーの配置場所は、クライアントとwebサーバーの間です。地理的な場所はケースバイケースで、日本国内にあるケースもあれば、海外にあるケースもあります。

自前のプロキシサーバーであれば、部屋の中にあるかもしれません。地理的な場所はさまざまですが、通信の流れを見る限り、プロキシサーバーの配置場所はクライアントとwebサーバーの間です。

リバースプロキシの配置場所も基本的には同じ

プロキシサーバーにはフォワードプロキシと、リバースプロキシがあります。リバースプロキシはフォワードプロキシとは用途が異なり、負荷分散や高速化を目的としています。

リバースプロキシの配置場所は基本的にフォワードプロキシと同じで、クライアントとwebサーバーの間にあります。が、通信の流れは異なります。

フォワードプロキシ

  1. クライアントが、プロキシサーバーにリクエストを送る
  2. プロキシサーバーはインターネットを使い、外部のwebサーバーにリクエストを中継する
  3. 外部のwebサーバーは結果を、プロキシサーバーに返す
  4. プロキシサーバーは、クライアントに結果を届ける

リバースプロキシ

  1. クライアントはインターネットを活用し、リクエストを送る
  2. URLに指定したリバースプロキシに、リクエストが届けられる
  3. リバースプロキシは、条件に合ったwebサーバーにリクエストを届ける
  4. webサーバーは、リバースプロキシに結果を返す
  5. リバースプロキシは、クライアントに結果を届ける

文面での整理はわかりにくいかもしれませんが、リバースプロキシはインターネットに接続するタイミングが違います。しかし注意深く観察すると、プロキシサーバはクライアントとwebサーバーの間に存在することがわかるでしょう。

プロキシサーバーの安全な配置場所はどこ?

プロキシサーバーの配置場所は基本的に決まっていますが、安全な配置場所という観点から深掘りしたいと思います。

管理ができるのであれば自前のプロキシサーバーが一番

管理ができるのであれば、自前のプロキシサーバーが一番です。自前のプロキシサーバーを近くに置けば、メンテナンスはやりやすいし、異常の発見も早いです。しかしプロキシサーバーの管理は深い知識と経験が必要なので、誰もができることではありません。

実行するときは専門家を雇う必要がありますが、専門家を雇うだけではビジネス用のプロキシサーバーを運営することはできません。ビジネス用のプロキシサーバーを運営するには、膨大なコストがかかります。

  • スペックの高いプロキシサーバーマシーンの用意
  • IPアドレスを作成するルーターの用意
  • 帯域の広いネットワーク回線
  • 24時間監視する監視要員

主なコストを挙げましたが、一年間で計算すると膨大なコストになると思います。大会社は別ですが、中小企業は実行が難しいです。

信頼の置けるプロキシサーバーと契約する

膨大なコストをかけることができない企業は、信頼の置けるプロキシサーバーとの契約をおすすめします。昔のプロキシサーバーは高かった記憶がありますが、最近のプロキシサーバーは月単位で契約できるので便利です。

初期費用も月額費用も経済的で、気楽に契約できます。信頼の置けるプロキシサーバーと、契約するメリットは以下です。

  • メンテナンスに気を配る必要がない
  • プロキシサーバーがIPアドレスを保有しているので、IPアドレスの購入が必要ない
  • インターネット通信の帯域が広い
  • プロキシサーバーマシーンがハイスペックなので、レスポンスがいい

信頼の置けるプロキシサーバーと契約するメリットを紹介しましたが、信頼の置けるプロキシサーバーを見極めるのは難しいものです。しかし世界の有名企業も使っているプロキシサーバーであれば、心配はいりません。

Bright Dataは世界の有名企業も使っているプロキシサーバーで、ネットワーク稼働率も抜群です。また他にも魅力的なメリットがあります。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataの魅力

これからはBright Dataの、魅力をみていきます。Bright Dataは世界の有名企業も使っていますが、有名企業から選ばれるだけのことはあります。

クローラがある

Bright Dataにはクローラがありますが、Googleのクローラをイメージすればいいでしょう。クローラは自動的に情報を収集しますが、自動的に情報を収集してくれたら情報収集企業は助かるでしょう。

SNSにもアクセス可能ですが、SNSはビジネスアイディアの宝庫です。SNSは本音が飛び交う場所なので、大衆が何を欲しているのかがわかりやすいです。しかしすべてのSNSをチェックするのは、大変です。

クローラを使えば他の仕事をしているときでも、自動的に情報を収集してくれるので、大変効率的です。気になるキーワードがあれば、クローラにキーワードを拾ってもらえばいいのです。それからは人が内容を分析し、ビジネスに活用すれば成功率が高くなると思います。

Bright Dataのクローラは匿名で作動するので、利用者の身元がばれることはありません。一部のSNSはIPアドレスで複数のアカウントを規制していますが、Bright Dataを使えば安心です。

匿名のクローラはBright Dataのプロキシマネージャーを活用すれば、簡単に実行できます。プロキシマネージャができることは多く、プロキシマネージャーだけでも契約する価値はあります。

海外のIPアドレスが多い

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターを置いている国のIPアドレスは使えます。インターネットの普及に伴い、世界に目を向けるビジネスが増えてきました。

世界に目を向けるビジネスは競争相手が少なくなるので、結果的に天下を取りやすいです。しかし世界でビジネスをするには、世界の情報を幅広く集めなくてはいけません。基本的にインターネットがあれば世界の情報は入手できますが、その国のIPアドレスでなければアクセスできないサイトもあります。

そのようなサイトにアクセスするには、許可されたIPアドレスに乗り換えるしかありません。しかし利用できる海外のIPアドレスが少ない場合は困りますね。Bright Dataがデータセンターを置いている国は、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。

中国がないのが残念ですが、ほぼ世界の主要国のIPアドレスは使えます。IPアドレスの指定もプロキシマネージャーでできるので、複雑な手続きはありません。

料金体系が明確

公式ホームページを閲覧すればわかると思いますが、Bright Dataの料金体系は非常に明確です。プロキシサーバーによっては一括で料金を請求するところがありますが、Bright Dataは一ヶ月から契約できるのでお試し感覚で契約できますね。

プラン内容を比較したい人は、「Don’t know which plan is the best for you?」というリンクをクリックしてください。グラフでサービス内容を表示するので、視覚的に理解できます。ところどころ英語になっている箇所がありますが、ブラウザ(Chrome)の翻訳機能を使えば日本語になります。

どうしても契約プランを決めることができない人は、スタータープランから始めたらいいと思います。スタータープランは月額500ドルです。

まとめ

プロキシサーバーの配置場所について解説をしましたが、概略はつかめたのではないでしょうか?プロキシサーバーの利用は、ブラウザやデバイスのネットワーク設定を変更するだけなので簡単です。

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、Bright Dataをおすすめします。Bright Dataは海外発のプロキシサービスですが、ホームページの日本語化が進んでいます。万が一不明点があれば、日本人スタッフに聞いてくださいね。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)