プロキシとは何か?|プロキシの設定方法

プロキシはサーバーの一形態

プロキシという言葉を聞いたことがある人はいるでしょう。しかしプロキシの設定となると、皆目わからない人が大半です。これは一般の人が、プロキシを使う機会が少ないからだと思います。

しかし進歩的な会社はプロキシを導入し、ビジネスを効率化しています。本記事ではプロキシの初歩の初歩から解説します。そしてプロキシを使うときの注意点も解説します。

プロキシの詳細

プロキシは英語ではProxyと書きますが、代理や代理人の意味を持っています。しかしインターネットの世界では、プロキシサーバーをイメージする人が大半です。プロキシサーバーは、プロバイダに代わりwebサーバーにアクセスします。

プロキシサーバーの主な特徴を紹介します。

  • キャッシュ機能
  • ログ機能
  • 負荷分散機能

主な特徴を紹介しましたが、プロキシサーバーでセキュリティ対策をしている人もいます。マルウェアをプロキシサーバー上で処理するので、ユーザーのパソコンに危害が及ぶことは少ないです。

プロキシサーバーを設定するにはどうすればいい?

プロキシサーバーを使うのは難しいのでは・・・こう思う人がいても不思議ではありません。しかしプロキシサーバーを使うのは意外に簡単です。以下ではプロキシサーバーを使うステップをみます。

プロキシサーバーを探す

まずはプロキシサーバーと契約する必要があります。プロキシサーバーはインターネットで見つけることができますが、試すだけであれば無料のプロキシサーバーでも構いません。

プロキシサーバーと契約したらプロキシサーバーのアドレスとポートを教えてもらえますが、設定するときはアドレスとポートが必要です。

プロキシサーバーに接続する方法

これからはプロキシサーバーに接続する方法を紹介します。接続するときは各々のデバイスに、プロキシサーバーのアドレスとポートを指定します。

Windows10

  • スタートボタン→設定を開く
  • ネットワークとインターネットを開く
  • 左下のプロキシをクリック
  • プロキシサーバーのアドレスとポートを指定する

なお設定画面には自動設定もありますが、手動設定の方が確実だと思います。アドレスとポートを指定するだけなので、手動でもさほど手間はかからないと思います。

Firefox

  • 画面右上の三本の横線をクリック
  • 設定をクリック
  • 「ネットワーク設定」の「接続設定」をクリック
  • 「手動でプロキシを設定する」にチェックを入れる
  • HTTPプロキシーの欄にアドレスとポートを指定

Android

  • 設定アプリを開く
  • 「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」をタップする
  • ネットワークをタップする
  • 画面上部の編集アイコン→詳細設定をタップする
  • 「プロキシ」の下にある下矢印をタップする
  • 構成タイプを選択する
  • 必要に応じてプロキシ設定を編集
  • 保存ボタンを押す

iPhone

  • 「設定」→「Wi-Fi」を選択
  • 対象のWi-Fiを選択
  • 「詳細」→「プロキシを構成」をタップ
  • 手動を選択
  • 表示された項目を埋める

プロキシの設定をしたらどうなる?

通常インターネットをするときは、各ユーザーが直接webサーバーにアクセスしますが、プロキシを設定したら、プロキシ経由でwebサーバーにアクセスします。ユーザーからのリクエストを受け取ったプロキシサーバーは、webサーバーにリクエストを届けます。

プロキシサーバーにはユーザがアクセスしたURLが記録され、アップロードやダウンロードの履歴も残ります。プロキシサーバーを間に置けば通信の過程が一つ増えるので、物理的に通信速度は落ちます。

しかし今はブロードバンドが普及しているので、昔ほどプロキシサーバー経由のインターネットは遅くはありません。プロキシサーバーの速度を手っ取り早く体験したい人は、プロキシサイトと呼ばれるサイトで試してください。

プロキシサイトは、デバイスにプロキシ情報を設定する必要はありません。プロキシサイトによってはプロキシサーバーの国を選ぶ必要がありますが、操作はすべてブラウザ上でできるので楽です。

プロキシサーバーを使うときの注意点

これからは、プロキシサーバーを使うときの注意点を解説します。

プロキシサーバー経由の書き込みもばれる

悪質な書き込みをした人はプロバイダのIPアドレスで身元がばれますが、プロキシサーバー経由でも身元はばれます。身元がばれる理由は、プロキシサーバーにプロバイダのIPアドレスが記録されるからです。

悪い書き込みでなければ心配することはありませんが、人を中傷したり、犯罪を助長するような書き込みは通報される可能性があるので注意してください。

無料のプロキシサーバーは個人情報の管理が甘い

無料のプロキシサーバーは個人情報の管理が甘いです。また名簿業者に個人情報が転売される可能性もあります。個人情報が転売されたら、山のようなセールスメールが来ると思います。

無料のプロキシサーバーも何らかの形で収益をあげています。一番多いのはアフィリエイト収入です。健全なアフィリエイト広告であれば問題はないですが、アダルトサイトのバナーを掲載する無料のプロキシサーバーは気をつけた方が良いです。

アダルトサイトにアクセスするとマルウェアに感染したり、ひどいケースになると架空請求されることがあります。個人情報の管理が大切な法人は、信頼の置ける有料のプロキシサーバーと契約してください。

プロキシサーバーに障害があったときは困る

設定後はプロキシサーバー経由のインターネットになりますが、プロキシサーバーに障害があったらインターネットができません。設定を外したらインターネットはできるようになりますが、IT知識のない人はどこに設定画面があるのかがわかりません。

ツークリックでオンオフの切り替えができるソフトはありますが、IE専用なので他のブラウザでプロキシを使っている人は切り替えができません。

情報収集ビジネスに携わる人はBright Data

プロキシの概略はご理解いただけたかと思いますが、プロキシサーバーはビジネスフィールドで真価を発揮します。特に情報収集ビジネスに携わる人は、プロキシサーバーを使えば絶対に有利だと思います。

プロキシサーバーはいろいろありますが、一番ビジネスで使えるのはBright Dataだと思います。以下ではその理由を詳しく紹介します。

自動収集するクローラがある

情報収集ビジネスで一番大切なことは良い情報を早く入手することですが、情報には基礎情報と分析が必要な情報があると思います。分析が必要な情報は人間が収集した方が良いと思いますが、分析不要な基礎情報はクローラに任せた方が効率的です。

Bright Dataのクローラは建物や観光地などの名称を自動収集してくれるので、情報収集ビジネスに携わる人は助かると思います。またSNSにもアクセスできるので、消費者の本音も収集できます。消費者の本音を知ることは極めて大切なことですが、SNSは本音の宝庫です。

クローラといえばグーグルのクローラをイメージする人が多いと思いますが、Bright Dataのクローラも優秀です。クローラを使うだけでも、Bright Dataと契約する価値はあると思います。

海外の情報が入手しやすい

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターが置かれている国のIPアドレスは自由に使えます。Bright Dataがデータセンターを置いている国はアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。

有料のプロキシサーバーは多いですが、Bright DataのIPアドレス数は群を抜いています。世界各国にデータセンターを置いているBright Dataは、770,000個のIPアドレスを保有しています。

海外の情報を仕入れるときは、海外のIPアドレスを使った方が有利です。海外のサイトの中には国外からのアクセスを規制しているところがありますが、許可された国のIPアドレスに乗り換えたら閲覧できます。

Bright Dataは1アカウントにつき1つのIPアドレスですが、特定の外国の情報を重点的に仕入れる企業は、海外のIPアドレスと契約した方が良いと思います。

Bright Dataは顧客中心のサービス

ビジネスでプロキシサーバーを使うときはサポートをしてくれたら安心ですが、Bright Dataは専任のアカウントマネージャーが付くので安心です。プロキシサーバーの設定だけであれば難しくはありませんが、プロキシサーバーの機能を使いこなすのは大変です。

しかし専任のアカウントマネージャーがいれば、不明点はその場で聞くことができます。Bright Dataは、365日24時間体制で監視をしています。プロキシサーバーは多くの人が共有しているので、一時的にアクセスが集中する可能性があります。

限界を超えたアクセス数はプロキシサーバーを不安定にしますが、365日24時間体制で監視しているので復旧は早いです。そんなBright Dataのネットワーク稼働率は、常に100%近いです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシの初歩の初歩から解説をしましたが、プロキシはIT分野を中心に利用者が増えています。利用者が増えているのはプロキシサーバーのメリットが認識され始めたからですが、プロキシサーバーは上手に活用してこそ価値があります。

Bright Dataには専任のアカウントマネージャーがいるので、さまざまなアドバイスを受けることができます。専任のアカウントマネージャーはBright Dataを熟知しているので、裏技的なことも教えてくれるかもしれませんよ。

Bright Dataは一ヶ月からの契約が可能で、決済はクレジットカードとPayPalが使えます。不安な方はまずは一ヶ月から始めたらどうでしょうか?

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)