スクレイピングの研修

スケジュール
ブライトデータのデータコレクターは、スケジュール化できる

短期間で研修を済ますにはBright Dataのデータコレクター

最近スクレイピングは注目されていますが、注目されているのはインターネットの情報を効率的に収集するからです。スクレイピングは情報収集のための技術で、今後も活用する人は増えると思います。

スクレイピングを活用するには学習が必要ですが、一般の人は容易に操作ができるツールを選んだ方が良いと思います。世界に目をやればプログラミング不要のスクレイピングツールは多く見つかりますが、現場で役立つツールでなければ意味がありません。

今回は世界的に有名なBright Dataのデータコレクターを解説します。スクレイピングの研修をする人は、是非ともデータコレクターを活用してください。

データーコレクターの基本を勉強しよう

今回の研修はデータコレクターの基本を勉強します。

まずはビデオを見ましょう

動画は英語で説明していますが、大まかな雰囲気は掴めたと思います。ビデオ越しですが、コントロールパネルの使いやすさもわかったかと思います。現時点ではコントロールパネルの項目は英語で書かれていますが、少しずつ日本語化が進んでいます。

検索の対象を選ぶ

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

まずは検索する対象を選びましょう。直接URLを打ち込んでもいいですが、カテゴリーセットを利用してもいいです。カテゴリーセットは細かく分けられているので、探しやすいですよ。

画面左側のリストに表示されている内容がカテゴリーセットですが、展開するとさまざまなwebサイトが表示されます。旅行業界のサイトもまとめられているので、旅行業界の人は助かると思います。スポーツの分野もカテゴリーセットに入っているので、スポーツライターは便利だと思います。

フィルターをかける

フィルターは情報収集に便利
フィルターをかけたら、目的の情報が最速で見つかるよ。

目的の情報を手っ取り早く見つけるには、フィルターが便利です。データコレクターにはフィルター機能があるので、キーワードを入力するだけで目的のデータが見つかります。

フィルターは一つのサイトだけではなく、特定のカテゴリーにセットされているサイトすべてにかけることができます。これはもの凄く便利なことです。Bright Dataと契約しデータコレクター機能を使えば、スクレイピング業者に高いお金を支払う必要はありません。

ユーザーの生の声を聞くときはSNSにアクセス

データコレクター機能はSNSにもアクセスできるので、SNSのホットな話題も抽出することができます。YouTubeもスクレイピングできるので、YouTubeで流行っている動画を素早く見つけることができます。

SNSやYouTubeをスクレイピングのターゲットにするときは、「Use case」にチェックを入れるだけです。今はまだ日本語化が完全に進んでいないので機能の言葉に戸惑うかもしれませんが、ブラウザー上で右クリックしたら日本語に翻訳してくれますよ。(不自然な翻訳もありますが、不自然な日本語は推測で解釈してください。)

出力形式を選ぶ

データコレクターで抽出したデータは、CSV形式とJSON形式で出力できます。 JSON形式はプログラマに好まれていますが、一般の人はCSV形式の方が便利かもしれません。抽出したデータは自由に表示したいものですが、CSV形式でダウンロードしExcelで読み込んだら自由に表示しやすいです。

CSV形式を読み込めるのはExcelだけではなく、Googleスプレッドシートでも読み込めます。歴史が古いファイル形式なので、多くのソフトで読み込めると思います。

データコレクターをスケジュール化する

データコレクター機能は都度実行することも可能ですが、スケジュール化することも可能です。オプションは以下です。

  • 継続的に実行する
  • 一定の回数実行する
  • 指定する日時に終了する
スケジュール
ブライトデータのデータコレクターは、スケジュール化できる

曜日も指定できるので、非常に実用的なシステムだと思います。頻繁にスクレイピングを繰り返すのはおすすめしませんが、スクレイピングは定期的に実行した方が良いです。

特に価格情報などは常に変化するので、定期的にスクレイピングを実行することが大切です。スケジュールに組み込めば、自動的にスクレイピングしてくれるので忘れ防止になるでしょう。

スポンサーリンク

研修後に磨きたいスキル

Bright Dataのデータコレクターを活用すれば短時間で研修が終わり、一通りの操作はできるようになると思います。しかしスクレイピングは奥が深いので、学ぶことは他にもあります。

API関数を学習する

Bright DataはAPI関数を提供していますが、API関数を使えばオリジナルなスクレイピングシステムが構築できます。Bright DataのAPI関数はさまざまなプログラム言語で接続できるようになっていますが、特に事情がない限りpythonかPHPをおすすめします。

Bright Dataはサンプルの構文を提供しているので、利用者は編集ソフトに貼り付けるだけでBright Dataに接続できるようになります。ただこれだけだったら貧弱なので、コードを付け加えた方がいいでしょう。

pythonもPHPも比較的習得しやすいプログラム言語ですが、PHPをサポートしているレンタルサーバーの方が多いので、PHPの方が便利かもしれません。またPHPは解説書が豊富です。

必要なデータを厳選する

スクレイピングそのものは高度な技術ではありませんが、必要なデータを厳選するのは案外難しいものです。初心者はあれもこれも抽出しようとしますが、無駄なデータを抽出しても作業量が増えるだけで意味がありません。

必要なデータを厳選するポイントは、問題点を洗い出すことだと思います。まず最初はノートに思いつくままの問題点を書き、後で重複している問題点を一つにまとめます。この作業を繰り返すことで、必要なデータを見極める目が培われると思います。

スポンサーリンク

Bright Dataのデータコレクターをおすすめする理由

Bright Dataのデータコレクターをおすすめする理由を紹介します。

拡張性がある

データコレクターだけでも拡張性はありますが、API関数を利用すれば尚更拡張性は広がります。業者にスクレイピングシステムの構築を依頼することは可能ですが、データコレクターのようなシステムを構築しようと思えば高額な費用が必要です。

Bright Dataの月々の維持費は非常に経済的ですが、たまにしかスクレイピングしない人は従量課金制を選択した方が得です。

世界のIPアドレスが使える

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。業種によっては海外のサイトをスクレイピングすることもあると思いますが、海外のサイトをスクレイピングするときは現地のIPアドレスを使うのが基本です。

外国から日本のサイトにアクセスする人はいると思いますが、一部のサイトは外国からのアクセスを禁止しています。この逆も同じで海外の一部のサイトは、日本を含む国外からのアクセスを禁止しています。

このような問題点があるので、海外のサイトをスクレイピングするときは、現地のIPアドレスに乗り換えた方が良いです。Bright Dataは基本的に一つのアカウントにつき一つのIPアドレスですが、IPアドレスの乗り換えはプロキシマネージャーで簡単にできます。

安心できる

今はだいぶ偏見はなくなりましたが、昔はプロキシサーバーに不信感を抱く人は一定数いました。個人情報が盗まれるのではないか?通信内容が筒抜けではないか?・・・

昔のプロキシサーバーは非常にマイナーな存在だったので、このような感想を抱く人がいたのだと思いますが、今はプロキシサーバーは確固たる地位を築いています。しかし一部のプロキシサーバー業者は、今でも怪しいと思います。

監視
ブライトデータは顧客の情報をしっかり守る

海外に行ったらわかると思いますが、Bright Dataは非常に有名でそれなりの地位を築いています。そんなBright Dataが、日本でも使えるのは有り難いことです。

世界の有名企業が使っていることからもわかると思いますが、Bright Dataの個人情報管理は非常に厳格です。そして常に有人監視をしているので、ハッカーの侵入を許しません。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーの研修をテーマにしましたが、Bright Dataのデータコレクターを活用すれば、研修時間は大幅に短くなると思います。記事で紹介したことを覚えるだけでもスクレイピングはできますが、スクレイピングをビジネスに活用したい人はAPI関数にも挑戦してほしいと思います。

Bright Dataのマニュアルは非常に充実しているので、困ったときはマニュアルを参考にしたらいいと思います。マニュアルの一部は英語のままですが、将来的にはすべて日本語に翻訳されると思うので、安心してBright Dataと契約してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)