スクレイピング技術を仕事にする方法

プロフィール
実力がわからない人は、プロフィールで判断される

スクレイピングの仕事はクラウドソーシングサイトに多い

腕に自信のある人はスクレイピング技術を仕事にしたいと思っていますが、一般の求人媒体はスクレイピングという職種名では募集していません。詳細欄には「スクレイピングできる人は大歓迎」と書かれているかもしれませんが、職種欄にスクレイピング技術者と書かれているケースは見たことがありません。

スクレイピングは技術の一形態なので、職種名としては掲載されないのでしょう。しかしインターネット上のクラウドソーシングサイトでは、スクレイピングの案件をときどき見ます。

ココナラでもスクレイピング関係の仕事を募集しています。今後もスクレイピング技術者の募集は、クラウドソーシングサイトを中心に増えていくと思います。

本記事ではスクレイピング技術者として生きていくために、大切なことを考察したいと思います。スクレイピングは将来性のある技術です。関心のある方はチャレンジしてください。

スクレイピング技術で仕事を獲得するステップ

これからはスクレイピング技術で仕事を獲得するステップを紹介しますが、既にスクレイピング技術がある人を対象にしているので、技術的なことには触れず、如何に仕事を獲得するかについて触れたいと思います。

プロフィール欄を充実させる

プロフィール
実力がわからない人は、プロフィールで判断される

私はココナラとクラウドワークスで仕事を受注していますが、営業をしなくても仕事の依頼が来ることがあります。営業をしなくても仕事の依頼が来るのは、プロフィール欄が充実しているからだと思います。

ただ充実させるために意味のないことを、だらだら書くのはおすすめしません。プロフィールの実績欄には「スクレイピングができます」ではなく、「Amazonのスクレイピングを3年しています」「スクレイピングシステムを100件以上構築してきました」と、数字を混ぜて具体的に書くことが大切です。

数字を混ぜることで信頼性が増すからです。他にもいろいろなアピール方法はあると思いますが、試行錯誤しながらベストな方法を探ってください。

サービスを出品するときは明瞭・明確な価格設定にする

私はココナラで出品していますが、サービスの価格は明瞭・明確化しています。具体的には「15ページ以内なら○○円」と記載しています。当たり前のことかもしれませんが、意外に実行していない人が多いです。

顧客の立場に立てば、明瞭・明確な価格設定は安心です。サービス内容によっては、明瞭・明確な価格設定が難しいかもしれません。その場合は見積もりは無料ですと、目立つ場所に記載したらいいでしょう。

最初はサービスのアピール方法に悩む人が多いと思いますが、悩んでいる人は売れている出品者のサービス内容を熟読することをおすすめします。

ホームページでスクレイピングシステムを紹介する

ホームページでスクレイピングシステムを紹介するのも仕事に繋がります。法人であれば課金したらいいと思いますが、個人の場合はデモ版か無料版を提供した方が良いと思います。実績のない個人から、サービスを購入する人はまずいないからです。

しかしデモ版または無料版であれば安心して使用できます。良質なシステムであれば、仕事に繋がる可能性があります。そのためホームページには、連絡先を明記しておきましょう。

ホームページは24時間働く営業マンといわれていますが、魅力的なホームページを作り集客しましょう。

スポンサーリンク

スクレイピングが必要となる職種

これからはスクレイピングシステムが、必要となる職種を考察します。

転売業者

転売業者
転売業者は価格差を知ることが大切

転売業者という名前を知っていますか?オリジナルな商品を持たず市場に流通している商品を一円でも安く仕入れ、一円でも高く売る業者です。メルカリやヤフオクで商品を販売している人の中にも、転売業者はいます。

転売業者にとって一番大切なことは利益率の高い商品を仕入れることですが、実現する為には価格情報の収集が大切です。価格情報は人力で収集したら大変なので、今後はスクレイピングで価格情報を収集するケースが増えてくると思います。

そうなれば、スクレイピング技術者の活躍の場は広がります。転売業者の店舗または会社に気に入られたら、専属契約の道が開けるでしょう。

マーケティング

マーケティングは奥が深い世界ですが、マーケティングの基本は売れる市場を探すことです。今はインターネットを中心に売る市場が凄く増えていますが、売れる市場を見極める為には調査が必要です。

売れる市場を見つけるにはさまざまなな方法があると思いますが、SNSをスクレイピングすることは効果的です。SNSは本音が飛び交う世界ですが、多くの人の本音の声を集めることで売れる市場が見えてくるのではないでしょうか?

最近の会社は科学的な販売方法が採用されているので、必要なデータを厳選する目があり、スクレイピングもできる人は引く手あまたになると思います。

webメディア

webメディアは読者の関心を見つけることが大切ですが、読者の関心を見つけるためにスクレイピングをするケースは増えると思います。独自の嗅覚で読者の関心を見つける敏腕編集者もいるかもしれませんが、そのような人は稀でしょう。

webメディアの世界でスクレイピングの活用が増えると思うのは、スクレイピングを活用した方が確実性があるからです。基本的に頻出頻度の高い話題は、読者の関心が熱いと判断できます。

スポンサーリンク

Bright Dataのデータコレクターを使えば技術不要

Bright Dataのデータコレクターを使えば技術は不要です。

データコレクター機能を活用する

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

Bright Dataのデータコレクターを使えば、かなり柔軟にスクレイピングができます。データコレクターは便利で、サイトがカテゴリー分けされています。そのためイチイチURLを探す手間が省けます。

カテゴリーセットに対象のサイトがない場合は、直接URLを打ち込んでも構いません。データコレクターはSNSにもアクセスできるので、マーケティングにも活用できます。

データコレクター機能を使えばひと味違うスクレイピングができる

データコレクターはBright DataのIPアドレスが使えるので、海外の情報を収集するときに便利です。海外の情報を収集するときは現地のIPアドレスを使用するのが基本ですが、Bright Dataは簡単にIPアドレスの指定ができるので、IPアドレスの乗り換えは楽です。

日本には数多くのスクレイピング技術者がいると思いますが、海外のサイトをスクレイピングする技術者は少ないと思います。海外の情報もスクレイピングできる技術者がいれば、重宝されるでしょう。

海外に商品を売りたい会社は海外の情報を仕入れることが大切ですが、現地に人を送り情報を仕入れるのは大変です。しかし海外のサイトをスクレイピングできる技術者がいたら、現地にスタッフを派遣する必要はありません。

忙しい人はスクレイピングを丸投げできる

Bright Dataにはスクレイピングを丸投げできるサービスがあるので、忙しい人はBright Dataに丸投げしてもいいと思います。欲しいデータを伝えるだけで済むので、非常に楽です。

価格も安いのでパソコン作業に自信のない人、忙しくてスクレイピングする時間がない人は丸投げプランを選択しましょう。取得したデータを整理し必要な人に提供したら、それだけでビジネスになると思います。

海外の情報は希少価値があるので、高値で購入してくれる人がいるかもしれません。詳しいことはBright Dataの担当者にお問い合わせください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングと仕事をテーマにしましたが、現時点ではスクレイピングの案件は多いとは言えません。しかし今後は増えると予想されます。技術者が増えたら競争過多になると思いますが、独自のスクレイピング技術があれば生き残れると思います。

海外のサイトをスクレイピングするのも独自の技術だと思いますが、海外のサイトをスクレイピングするときは、Bright Dataのデータコレクターを活用してほしいと思います。

今の経済はグローバルになっていますが、スクレイピングもやがてグローバル化する気がします。そうなれば、Bright Dataの必要性はますます高まるでしょう。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)