スクレイピングとwebアプリについて

プログラムの解説本
自分のレベルに合った解説本を選ぶ

スクレイピングとwebアプリの親和性は抜群

プログラミングの世界を知らない人は、プログラミングはどれもこれも同じと思っている人が多いです。しかし実際は違います。マイコン、Windowsプログラミング、Macプログラミング、Linuxプログラミング、Androidプログラミング、iPhoneプログラミング、webプログラミングなどがあります。

スクレイピングはweb上のデータを取得するものなので、webプログラミングが便利です。

webアプリを構築しようと思えばweb用のプログラム言語を覚える必要がありますが、web用のプログラム言語は比較的簡単だと思います。C++のように複雑な言語構造ではないので、早い人であれば半年で習得できると思います。

スクレイピングwebプログラミングを勉強する方法

スクレイピングシステムが構築できる、webプログラミングを勉強する方法を紹介します。

初心者はレッスンを受ける

スクレイピング用のwebアプリを開発したい初心者は、該当のレッスンを受講するのが一番です。システム専門学校でもレッスンを提供しているかもしれませんが、オンラインレッスンの方が安いと思います。

ただオンラインレッスンは先生がその場にいないので、操作に躓いたときは困りますね。画面共有ができるビデオ通話システムがあればいいですが、ない場合は躓いた箇所の画像を先生に送って質問しましょう。

レッスンを受ける前に、HTMLだけは習得した方が良いと思います。習得といっても全部覚える必要はありません。基本的なHTMLタグを覚えたら十分です。

中級者は独学する

プログラムの解説本
自分のレベルに合った解説本を選ぶ

中級者は解説サイトを利用し、独学したらいいと思います。もちろん中級者でもレッスンを受けることはできますが、スクレイピングの技術はさほど複雑ではないので、解説サイトを参考にしたら独学でも十分に習得できます。

良い解説サイトがなければ解説本を購入すればいいですが、解説本を選ぶときは自分のレベルに合ったものにしましょう。本屋であれば立ち読みできるので、解説本のレベル度を確かめることができます。

私もプログラマ時代は解説本をたくさん読んだのでわかりますが、難しすぎる解説本は挫折の原因になるので注意が必要です。

スポンサーリンク

スクレイピングwebアプリを選ぶポイント

スクレイピングwebアプリを選ぶポイントを紹介します

用途を明確にする

スクレイピングwebアプリを選ぶときは、用途を明確にすることが大切です。一つのサイトから特定のワードだけを抽出するのであれば、シンプルなwebアプリで十分です。逆に価格情報などを抜き出すときは、フィルター機能が充実したwebアプリが良いと思います。

webアプリの機能を確かめるには無料体験するしかないですが、無料体験が難しい場合は、使用者のレビューを参考にしてください。

ただスクレイピングツールは、英語圏で開発されたものが多いです。そのためメニューも英語になっています。

英語ができる人であれば辞書を片手に読めばいいですが、英語がまったくわからない人は、ブラウザの翻訳ツールを利用してください。

使う頻度を考える

コンピューターエンジニア
コンピューターエンジニアはココナラでも探せる

一般的にスクレイピング用のwebアプリは、月払いになっています。頻繁に利用する人であれば毎月支払っても惜しくはないと思いますが、たまにしか使わない人は月々の維持費が勿体ないですね。

たまにしか使わない人は、比較的安い買い取り型のスクレイピングツールを使うか、従量課金制のスクレイピングツールを使ったらいいでしょう。

開発を依頼したい人は、ココナラで技術者を探したらいいと思います。

業者に頼むよりはかなり安いと思います。ただココナラワーカーの中には素人に毛が生えた程度の人もいるので、実績をしっかり確かめましょう。

手っ取り早くスクレイピングwebアプリを開発する方法

手っ取り早く、スクレイピングwebアプリを開発する方法を解説します。

PHPQueryを使う

PHPQueryはPHPで書かれたスクレイピング用のライブラリですが、おそらく初心者には一番優しいと思います。

まずは以下のサイトからファイルをダウンロードします。

https://code.google.com/archive/p/phpquery/downloads

いろいろな圧縮ファイルがありますが、問題がなければ最新のファイルでいいと思います。

ダウンロードしたファイルは、「require_once」メソッドで読み込みます。

次は「file_get_contents」メソッドを使い、対象のURLを指定します。

それからは「echo」メソッドで出力しますが、対象のタグは「find」メソッドで指定します。

取得したデータをデータベースに格納する

「echo」メソッドを使えば簡単に指定のデータが出力できますが、その場限りの出力です。取得したデータを何回も使いたい人は、データをデータベースに格納しましょう。

PHPでデータベースに接続するのは簡単ですが、初心者は解説本を購入し、接続方法を学んだ方が良いと思います。

データベースに格納するときは、文字コードを指定した方が良いと思います。PHPには文字コードを指定する関数があります。

スポンサーリンク

プログラミングが苦手な方はBright Dataのデータコレクター

サーバーサイドプログラム言語を使えば、スクレイピングwebアプリを開発することは可能ですが、プログラム経験のない人はデータコレクターを使った方がいいかもしれません。

データコレクターもwebアプリ

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

データコレクターはweb上で作動するので、webアプリです。データコレクターは、プログラミング不要で使えます。

データコレクターはBright Dataのコントロールパネルから利用できますが、最初はカテゴリーを選ぶようになっています。カテゴリーを選べば、対象のサイトが表示される仕様です。もしスクレイピングしたいサイトが表示されない場合は、直接URLを入力してもいいです。

対象のサイトをスクレイピングするときはフィルターをかけますが、視覚的に操作ができるので、初めての人でもさほど迷うことはないと思います。Excelの関数を使っている人であれば、勘で操作方法がわかると思います。

データコレクターの詳細

Bright Dataは、データコレクターの詳細を公開しています。動画は英語で制作されていますが、大まかな流れはわかると思います。

データコレクターは、スケジュール機能が特に便利です。

スケジュール
ブライトデータのデータコレクターは、スケジュール化できる

スケジュール機能のオプションをみます。

  • 永遠に実行する
  • 一定の回数のみ実行する
  • 開始時間の指定
  • 終了時間の指定
  • 作動させる曜日の指定

データコレクターは非常に柔軟性のあるwebアプリですが、自力で構築しようと思えば大変です。また業者に依頼すれば、かなり高額な開発代を請求をされると思います。

Bright Dataの使用料金はプランによって異なりますが、いずれもかなり経済的です。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングとwebアプリについて解説をしましたが、スクレイピングwebアプリの開発は比較的簡単です。しかし開発依頼は年々増えています。

これはスクレイピングの価値が認められてきた証拠だと思いますが、腕に自信のある人は引き受けてもいいでしょう。

プログラム経験のない人は、Bright Dataのデータコレクターを使いましょう。営業と伝え方次第ですが、データコレクターを使ってもビジネスはできます。

Bright Dataは一ヶ月から契約できるので、まずは試してみたらどうでしょうか?決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも簡単に契約できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)