プロキシサーバー のオンオフについて

プロキシサーバーのオンオフ操作は覚えておいた方が便利

プロキシサーバーの設定をしたことがある人は、プロキシサーバーのオンオフ操作は朝飯前でしょう。しかしプロキシサーバーの設定をしたことがない人は、オンオフ操作だけでも敷居が高いのではないでしょうか?

本記事ではプロキシサーバーのオンオフ操作について解説をしますが、まったくの初心者を対象にしています。そのためなぜオンオフ操作しなければいけないのかも、解説に加えたいと思います。

プロキシサーバーの設定はさほど難しくはありませんが、プロキシサーバーのオンオフ操作はより簡単です。ぜひプロキシサーバーのオンオフ操作の方法を覚えてください。

オンオフ操作を覚えたらビジネスでもプライベートでも使える

プロキシサーバーのオンオフ操作を覚える前に、何故オンとオフの切り替えが必要なのかを考えます。プロキシサーバーの設定はデバイスやブラウザでしますが、何の操作もしなかったら、ずっとプロキシ経由のインターネットになります。

それでもいいのだったらオンオフ操作を覚える必要はありませんが、プロキシを通さずにインターネットをしたいケースはあるはずです。特にプライベートでネットサーフィンをするときは、プロキシを通さない方が安心です。

実際にプライベートでネットサーフィンをするときだけ、オフにしているユーザーはいます。オンオフ操作ができたら、パソコンはより便利なものになりますよ。

プロキシサーバーのオンオフ操作の詳細

これからはプロキシサーバーの、オンオフの切り替え方法をみていきます。

特定のサイトだけプロキシを通したくない人は例外設定

特定のサイトだけプロキシを通したくない人は、例外設定が便利です。例外設定はすべてのデバイスでできるとは限りませんが、代表的なデバイスであるWindowsやMacパソコンではできます。

Windowsパソコンの例外設定

  • 設定
  • ネットワークとインターネット
  • 左側下のプロキシを開く
  • 「次のエントリで始まるアドレス以外にプロキシサーバーを使います」を探す
  • プロキシを通したくないアドレス(URL)を入力する

最後のステップですが複数のアドレスを指定する場合は、「;」で区切ってください。

Macパソコンの例外設定

  • アップルのメニュー
  • ネットワーク環境
  • ネットワーク環境設定
  • ネットワーク
  • 詳細
  • プロキシ
  • 「簡易ホスト名を除外」にチェック
  • 「プロキシ設定を使用しないホストとドメイン」欄に、プロキシを通したくないアドレスを入力

例外設定の問題点

プロキシを通したくないアドレスが少ない人はいいですが、10件以上になると入力するのが面倒くさいです。また数多くのアドレスを入力すると、タイプミスを誘発します。そのため多くの例外設定をする人は、プロキシ設定をオフにした方が楽です。

Windowsパソコンでプロキシの設定をオンオフ

Windowsでプロキシの設定をオンオフにする方法を学ぶ前に、Windowsにプロキシを設定する方法を解説します。プロキシの設定方法がわかれば、オンオフにする方法も自然にわかりますよ。

  • 設定
  • ネットワークとインターネット
  • 左枠下のプロキシを開く
  • 「設定を自動的に検出する」・「セットアップスクリプトを使う」「手動プロキシセットアップ」欄の「プロキシサーバーを使う」のいずれかを選択。
  • 手動で設定する場合は、利用しているプロキシサーバーの情報を入力する

簡単にプロキシの設定方法を解説しましたが、赤字で書いている箇所はオンオフの切り替えができます。つまりこれらの項目を操作することで、簡単にオンとオフの切り替えはできます。

Macパソコンでプロキシの設定をオンオフ

Macパソコンではネットワーク環境設定からオンオフ操作ができますが、アップルメニューからも簡単に切り替えできます。操作の流れは以下です。

  • Appleメニューからネットワーク環境を選択する
  • 自動を選択する

MacパソコンはOSによって操作方法が大きく異なる可能性がありますが、Macパソコンはインターフェイスがわかりやすいので、いずれのOSでもさほど迷うことはないと思います。どうしてもわからない場合は、サポートに問い合わせしましょう。

ソフトでプロキシのオンオフ操作をする

「Proxy On/Off er 3」というソフトを使えば、プロキシのオンオフの切り替えができます。タスクトレイ浸入版なので、スムーズに操作できると思います。こちらのソフトはプロキシの設定補助機能は一切なしで、プロキシのオンオフ操作に特化しています。

「Proxy On/Off er 3」

プロキシ設定をオフにしなかったら残る履歴

プロキシサーバーには、利用者のさまざまな行動履歴が残ります。管理する側にとっては便利ですが、利用するワーカーはちょっぴり気持ちが悪いのではないでしょうか?ちなみにプロキシサーバー経由のインターネットは、以下のような行動履歴が残ります。

  • アクセス時間
  • アップロードやダウンロードの履歴
  • アクセスしたURL

アクセスしたURLもわかるので、会社でプライベートなインターネットをするときは注意が必要です。どうしてもインターネットの閲覧履歴を残したくない人は、プロキシの設定をオフにするか、プロキシとは関係のないパソコンでインターネットをしましょう。

ビジネス用のプロキシサーバーの絶対条件

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、無料のプロキシサーバーではなく、有料のプロキシサーバーを選びましょう。すべてではありませんが無料のプロキシサーバーは、広告収入を目的としています。

仕事中に鬱陶しいアフィリエイトバナーが画面に表示されたら、イライラすることが多いです。また無料のプロキシサーバーは、顧客のプライバシー情報を厳格に管理しないケースが多いです。

万が一顧客のプライベート情報が流出したら、営業メールが山のように届く可能性があります。無料のプロキシサーバーといっても、何らかの収益を求めています。一番簡単な収益方法は、アフィリエイトです。

無料のプロキシサーバーは、スペック的にも問題があることが多いです。プロキシサーバーマシーンの性能が低い、インターネット回線の帯域が狭い・・・これらの問題はビジネスのスピードを遅くします。

有料のプロキシサーバーのおすすめはいろいろありますが、総合的に考えたらBright Dataが群を抜いています。Bright Dataは海外発のプロキシサーバーですが、ホームページの日本語化が進んでいます。

またこちらから申し込んでもらえたら日本人スタッフ付きのプランをご紹介するので、英語がまったくわからない人でも大丈夫ですよ。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataをビジネスで活用しよう

これからはBright Dataの活用方法を紹介します。活用方法は会社の数だけあると思いますが、紹介する活用例はビジネスの種類を問いません。

クローラーで気になるキーワードを収集

Bright Dataには匿名で作動するクローラーがあります。クローラーはSNSにもアクセスできますが、SNSを新商品開発のヒントにしている企業はあります。新商品開発の参考になるのは、本音が飛び交う世界だからです。

SNS内の発言には不平・不満もありますが、消費者に支持される商品は不平・不満を解決する商品だと思います。人力ですべてのSNSの情報を集めるのは大変ですが、クローラーに任せたら短時間で情報が収集できます。

Bright Dataのクローラーは匿名で作動するので、身元がばれることはありません。クローラーはプロキシマネージャー経由で使えますが、プロキシマネージャーはBright Dataの操作を簡略化します。

匿名で世界の情報を取得

Bright Dataを利用したら、世界中の情報が入手できます。Bright Dataには世界10ヶ国のIPアドレスがあるので、閲覧できるサイトは格段に広がります。日本のIPアドレスでも世界のサイトにアクセスできますが、サイトによっては国単位でブロックしています。

私もブロックされたことはありますが、ブロックするときはIPアドレスを参考にしていると思います。規制された国の人は許可された国のIPアドレスに乗り換えるしかありませんが、Bright Dataと契約したら自由にIPアドレスの乗り換えはできます。

これだけの国のIPアドレスを用意するには莫大なコストがかかりますが、コストと比較したらBright Dataの月額維持費は安いと思います。

画像資料館を構築

Bright Dataに限らずプロキシサーバーには、キャッシュ機能があります。キャッシュ機能とは一度閲覧したデータを、プロキシサーバー内のディスクに保存する機能です。プロキシサーバーのディスクにデータが保存されているので、一度閲覧したデータはwebサーバーから取得する必要はありません。

一度閲覧したデータはプロキシサーバーから取得するので、通信の一過程が省略できます。仕事柄何度も画像ファイルにアクセスする人はいると思いますが、プロキシサーバーのキャッシュ機能を活用したら、確実にレスポンスはよくなるでしょう。

プロキシサーバーのキャッシュ領域はブラウザのキャッシュ領域よりも大きく、なかなか上限まで達しません。Bright Dataは契約プランによってディスクの容量が変わりますが、画像に頻繁にアクセスする人は、少し容量の大きいプランがいいかもしれません。

まとめ

プロキシサーバーのオンオフについて解説をしましたが、オンオフの方法を覚えたら便利です。業務とは関係のないインターネットはプロキシを通さない方がいいですが、オンオフの切り替えは簡単です。

ビジネス用のプロキシサーバーはBright Dataがいいと思いますが、Bright Dataを使ってもオンオフ切り替えはできます。Bright Dataはネットワーク稼働率が常に100%に近いので、安心してビジネスでも使えます。

Bright Dataは一ヶ月からの契約が可能で、決済はクレジットカードとPayPalが使えます。世界の有名企業も使っているBright Dataは、一歩進んだプロキシサーバーだと思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)