プロキシサーバー が邪魔でリモートデスクトップができない

プロキシサーバー越えのリモートデスクトップは可能

本記事で扱うリモートデスクトップはWindows10に標準搭載されている機能ですが、離れた場所にあるパソコンが操作できるので便利です。便利なリモートデスクトップ機能はITサポートにも活用できるので、今後は利用者が増えると予想されます。

リモートデスクトップはアプリを使えば、iPhoneやAndroidスマートフォンでも利用できます。離れた場所にあるパソコンが遠隔操作できるのは大変便利ですが、間にプロキシサーバーを挟んだらどうなるでしょうか?

本記事ではプロキシサーバーを挟んだ、リモートデスクトップについて考察します。まったくの初心者でもわかるように、初歩の初歩から解説したいと思います。

リモートデスクトップの詳細

  • 「コンピューター名」「ユーザー名」「パスワード」を確認(ホスト側)
  • 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「リモートアクセスの許可」をクリック
  • リモートデスクトップアプリを立ち上げる
  • コンピューター名を入力

これだけでリモートデスクトップ機能は有効になります。ちなみにリモートデスクトップ通信は、Linuxパソコンにもアクセスできます。

アクセス方法は簡単で、接続先のLinuxのIPアドレスを入力するだけです。しかしLinuxパソコンがリモートデスクトップ通信を受け入れるには、簡単な設定が必要です。

一番簡単な方法は、「xrdp」をLinuxパソコンにインストールすることです。インストールはコマンドでしますが、Linuxに慣れている人であれば簡単です。インストール後にすることは、接続するユーザーの指定です。

リモートデスクトップはプロキシサーバーを挟むと何故難しいのか?

プロキシサーバーを導入している会社は、プロキシサーバー経由でインターネットをしているでしょう。また何らかの理由でリモートデスクトップ機能を使い、webサーバーにアクセスすることはあるでしょう。

しかしプロキシ経由のリモートデスクトップは、上手くいかないことが多いです。理由を探ってみます。通常プロキシサーバー経由の通信は、クライアントのパソコン→プロキシサーバー→webサーバーの順番になります。

プロキシサーバーを間に置きリモートデスクトップ通信をしたら、ポートの問題で失敗するケースが多いです。。リモートデスクトップがプロキシサーバーに完全対応していれば問題はないと思いますが、現時点では完全対応していません。

プロキシサーバー経由のリモートデスクトップの詳細

これからはプロキシサーバー経由の、リモートデスクトップの詳細を紹介します。事例はインターネットを参考にしていますが、独自の解説を加えたいと思います。

リモートデスクトップでクラウド上のサーバーにアクセス

こちらの事例はクラウド環境にWindowsOSを立ち上げ、クライアントはリモートデスクトップでアクセスしています。この場合もポート制限が原因で、リモートデスクトップ通信は上手くいきません。

サイトの作者はRemote Desktop Gatewayを利用して成功したようですが、単に利用するだけでは上手くいかないので環境変数を設定しています。環境変数の内容はドメイン名とポートの指定ですが、指定することによってプロキシサーバー越えに成功しました。

リモートデスクトップのプロキシ越え

上手くいかない場合はポートの指定に問題がある

プロキシサーバー経由のリモートデスクトップが上手くいかないときは、ポート番号に原因があることが多いです。RDP(Remote Desktop Protocol)のデフォルトポートは「3389」ですが、ISP(インターネットプロバイダ)が「3389」をブロックすることがあるみたいです。

一般的に通信過程は肉眼では見えませんが、Telnetを使えば通信過程は見えます。Telnetは端末から操作できる通信プロトコルですが、操作するときは専用のソフトを使います。有名なソフトにはPuTTYがありますが、筆者も一時期はよく使っていました。

手っ取り早くプロキシサーバー越えする方法は?

少し邪道かもしれませんが、リモートデスクトップのプロキシサーバー越えが面倒臭い場合は、プロキシ設定をオフにすればいいと思います。オフにする方法はデバイスやブラウザによって異なりますが、いずれも簡単にできます。

また専用のソフトを使えば、ワンクリックでオフにできます。頻繁にプロキシサーバー環境下でリモートデスクトップをする人は、一度試してください。

リモートデスクトップはあらゆるビジネスシーンで役に立つ

リモートデスクトップを使ったことがない人は使い道がピンとこないかもしれませんが、リモートデスクトップはwebサービス会社だけではなく、ネットショップでも使われています。

ネットショップでの活用例はネットショップの数だけありますが、筆者が在籍していたネットショップでは、クラウド上のサーバーを操作するためにリモートデスクトップを使っていました。ブロードバンド回線を使えば、リモートデスクトップを使うときにストレスを感じることはありません。

本記事で紹介したリモートデスクトップはWindowsのリモートデスクトップですが、ブラウザのChromeにもリモートデスクトップ機能はあります。Chromeのリモートデスクトップ機能も便利なので、関心のある方は試してください。

ビジネスシーンでプロキシサーバーを使う人は有料のサービス

ビジネスシーンでプロキシサーバーを使う人は、有料のサービスがおすすめです。有料のサービスは広告も表示されないし、個人情報の管理も厳格です。しかし今は有料のプロキシサーバーが増えているので、他の項目にも目を向けるべきだと思います。

注目すべき項目には以下があります。

  • ネットワーク稼働率が高い
  • 便利なツールがある
  • 世界中のIPアドレスが使える
  • 有人監視している

主な重要項目を挙げましたが、現時点ではBright Dataが一番充実しています。Bright Dataは世界の有名企業も利用していますが、世界の有名企業からも支持されるのは完成度の高いサービスだからです。

Bright Dataは完成度の高いプロキシサーバーですが、維持費はさほど高くありません。そのため大企業のみならず、中小企業でも無理なく使えます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataが活躍できる職種

これからはBright Dataが、活躍できる職種を紹介します。半分予想も混じっていますが、根拠ある予想なので最後まで読んでもらえたら幸いです。

Bright Dataは旅行会社で活用できる

旅行会社は世界の観光スポットを把握すべきですが、表面的な情報だけではなくディープな情報も仕入れたらいいと思います。ディープな情報を仕入れるときはインターネットが便利ですが、現地のIPアドレスを使った方が有利です。

アクセス者のIPアドレスをwebサーバーの管理者は知ることができますが、海外のIPアドレスは何となく不気味に感じることが多いです。神経質な管理者は、国外のIPアドレスをブロックするかもしれません。

Bright Dataを使えば、海外のIPアドレスは簡単に使えます。基本的に一つのアカウントにつき一つのIPアドレスですが、特定の地域の情報を幅広く仕入れるときは、特定の地域のIPアドレスを使いましょう。

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。日本人に人気のアメリカや、ヨーロッパのIPアドレスも用意しています。

Bright Dataは世界をマーケットにしている製造会社で活用できる

Bright Dataには匿名で作動するクローラがありますが、クローラは自動的に情報を収集してくれます。新商品を開発するときは消費者の不平・不満を知ることが大切ですが、SNSを覗けば消費者の不平・不満がわかりやすいです。

海外のSNSも国外のIPアドレスをブロックしている可能性がありますが、Bright Dataを利用すれば世界のSNSにアクセスできます。Bright Dataがデータセンターを置いている国は、アメリカ、イギリス、ドイツ・イタリア、フランス、カナダ、スペイン・ロシア、日本、韓国です。

いずれの国の情報も重要です。これらの国の消費者の情報を正確に分析することで、ヒット商品が誕生しやすくなるでしょう。匿名で作動するクローラはプロキシマネージャーを使えば簡単に操作できますが、プロキシマネージャーは完全無料です。

Bright Dataは世界中の情報を集めるwebメディアで活用できる

最近はwebメディアが次々と登場していますが、海外の情報を発信しているwebメディアもあります。海外の情報はホットである必要がありますが、Bright Dataのクローラを使えばホットな情報を短時間で取得できます。

Bright Dataのクローラはさまざまな設定ができるので、工夫次第では多くのビジネスシーンで使えます。サイトの国際化はますます進行すると予想されますが、サイトを存続させるためには常にホットで役立つ情報を提供することが大切です。

Bright Dataは使用デバイス数の制限もないので、あるときはパソコンで情報収集、あるときはスマートフォンで情報収集することが可能です。また同時接続数の規制もないので、何人アクセスしても大丈夫です。

まとめ

プロキシサーバーとリモートデスクトップをテーマに解説をしましたが、リモートデスクトップはプロキシサーバーを挟んだ場合はちょっぴり面倒です。しかしプロキシサーバーはデメリットよりもメリットの方が遙かに多いので、情報収集ビジネスに携わる人はプロキシサーバーの利用を考えてほしいと思います。

プロキシサーバーの種類は多いですが、総合力でいえばBright Dataが一番です。Bright Dataの月額維持費は非常に安いので、予算が少ない企業でも気楽に契約できます。申し込みはオンラインからできるので、非常に便利です。決済はクレジットカードとPayPalが利用できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)