プロキシサーバーの設定が戻るのはなぜ?

プロキシサーバーの設定が戻るとは?

「プロキシサーバー 設定 戻る」というキーワードで検索すれば、何件かの記事がヒットします。プロキシサーバーを利用したことがある人はわかると思いますが、経験したことがない人は何が何やらわかりません。

プロキシサーバーは最近注目を集めていますが、ITとは関係のない会社でも使うことはあります。そうなるとITリテラシのない人でも、プロキシサーバーに触れる機会は増えるでしょう。

プロキシサーバーを利用するときは設定をする必要がありますが、本記事では基本的な設定方法から説明します。それからはプロキシサーバーの設定が戻る理由を考察したいと思います。

プロキシサーバー設定の詳細

これからはプロキシサーバーの設定の詳細をみていきます。

プロキシサーバーの設定とはアドレスとポートを指定すること

プロキシサーバーの設定とは、ブラウザやデバイスにプロキシサーバーのアドレスとポートを指定することです。アドレスとポートを指定することで、プロキシサーバーにアクセスできるようになります。

設定方法をみますが、OSはWindows10です。

  • スタートボタンから設定アプリを開く
  • ネットワークとインターネットを開く
  • プロキシを開く
  • プロキシサーバーのアドレスとポートを指定する

他のOSやブラウザで設定するときは若干プロセスが異なりますが、基本的にはプロキシサーバーのアドレスとポートを指定するだけです。

設定後は再編集しない限り変更内容は維持される

設定後はパソコンに設定内容が保存されるので、設定項目は維持されます。そのため「プロキシサーバーの設定が戻る」現象は起こらないはずです。「プロキシサーバーの設定が戻る」の意味は、プロキシサーバー設定以前の状態に戻ることです。

プロキシサーバー設定後は設定内容が維持されますが、OSを再インストールしたときは設定内容は消えます。またブラウザに設定した場合は、ブラウザを完全削除したら設定内容は消えると思います。

プロキシサーバーの設定が戻るのはなぜ?

OSを再インストールした、ブラウザを完全削除し再インストールした。この場合に限りプロキシサーバーの設定は戻ると思いますが、インターネットの記事をみると、他の原因で戻ることもあるようです。以下では詳しくみます。

プロキシの設定はユーザー単位だから

Windowsは複数のユーザーを作成することができますが、プロキシの設定がユーザー限定であれば、他のユーザーIDでログインしたときはプロキシの設定は反映されていないでしょう。この場合は、プロキシの設定をしたユーザーIDで再ログインすれば解決します。

セキュリティソフトが原因で反映がブロックされた

セキュリティソフトが原因で、反映がブロックされる可能性は否定できません。最近のセキュリティソフトは強力になっているので、セキュリティソフトによっては、プロキシサーバーの設定をブロックする可能性があります。

この可能性が疑われる場合は、一時的にセキュリティソフトを無効にしましょう。無効にして改善がみられたら、セキュリティソフトのオプションを注意深くみてください。オプションの中にプロキシサーバーの項目があれば、その項目の設定内容を確認してください。

ブラウザの不具合

Firefoxなどは独自のプロキシ設定ですが、独自の設定をするブラウザは他にもあるかもしれません。それらのブラウザにバグがあれば、プロキシの設定が戻る可能性はあります。この可能性が疑われる場合は、他のブラウザで試すしかありません。

他のブラウザで問題がなければ、該当のブラウザを削除し再インストールしたらどうでしょうか?再インストールしても改善がみられない場合は、正真正銘ブラウザのバグなので、違うブラウザでプロキシサーバーを使うしかありません。

Internet Explorerで設定が戻る現象が発生したらプロキシ設定をリセット

Internet Explorerでプロキシの設定が戻る現象が発生したら、Internet Explorerのプロキシ設定をリセットしたらいいかもしれません。詳しい方法は、マイクロソフトのドキュメントに記されています。

プロキシ設定をリセット

この方法で改善された例はありますが、レジストリをいじるので上級者向けです。レジストリの値を間違って編集するとWindowsが起動しなくなる可能性があるので、編集するときは注意深くしてください。

またレジストリを編集する前に、必ずレジストリのバックアップを取ってください。バックアップを取れば、最悪元の値に戻すことができます。

プロキシサーバーは例外設定をすれば使いやすい

プロキシサーバーは、例外設定をすれば使いやすいです。以下では詳しくみます。

Windows10の例外設定

Windows10でプロキシを設定する方法は解説しましたが、例外設定の方法はまだです。Windows10のプロキシ設定画面には、「次のエントリで始まるアドレス以外にプロキシサーバーを使います。エントリを区切るにはセミコロン(;)を使います。」という文言があり、文言の下には入力ボックスがあります。

翻訳調の文章なので一発では理解しにくいですが、要はプロキシサーバーを使いたくないURLを指定する欄です。このコーナーを未記入するとすべてのアクセスがプロキシサーバー経由になり、すべての閲覧履歴がプロキシサーバーのログに残ります。

指定方法は簡単で、該当のURLをそのまま入力するだけです。複数のURLを記入するときは「;」で区切ります。

多くのURLを例外設定に加えるときはワイルドカードが便利

多くのURLを例外設定に加えるときは、ワイルドカードが便利です。 ワイルドカードを使うときは先頭に(*)を入力します。

*.sample.com →このように入力すると以下のURLも例外設定に加えることができます。

「“test.sample.com” 」

ワイルドカードのパターンはいろいろありますが、インターネット上には詳しい解説サイトがあるので参考にしてください。

Bright Dataを賢く使いビジネスを有利に進めよう

これからは世界的に有名なBright Dataを活用し、ビジネスを有利に進める方法を解説します。Bright Dataの機能は盛りだくさんですが、維持費は比較的安いです。

気になるキーワードはクローラに収集させる

Bright Dataにはクローラがあり、条件に合った情報を自動収集します。匿名で作動するので、会社のIPアドレスが通知されることはありません。Bright Dataにはプロキシマネージャーというツールがありますが、クローラを使うときはプロキシマネージャーを活用すれば楽です。

新商品開発のときは市場調査をすると思いますが、市場調査はインターネットでもできます。特に本音が飛び交うSNSは、市場調査には最適です。Bright DataのクローラはSNSにもアクセスできるので、非常に便利です。

SNSの情報量は膨大ですが、適切に設定をすれば瞬く間にほしい情報が入手できます。インターネット上の情報を人力で収集したら膨大な時間がかかりますが、クローラに任せたら短時間で収集できます。

大人数で使うときはトラフィックの管理機能を使おう

Bright Dataには同時アクセス数の制限、使用デバイス数の制限がありません。そのため多くのスタッフを抱える企業は助かります。しかし多くの人が同時に一台のプロキシサーバーにアクセスしたら、プロキシサーバーが重くなる可能性があります。

しかしBright Dataにはトラフィック管理機能があるので、プロキシサーバーが重たくなったら活用してください。一般的にトラフィックの管理は難しいですが、技術力の高いBright Dataは、ツールでトラフィックの管理ができるようにしました。

ユーザーができるトラフィックの管理は限定的ですが、トラフィックの管理機能があるだけで作業効率がよくなるのは確かだと思います。

外国の情報がほしい人は外国のIPアドレスを使おう

外国の情報がほしい人は、外国のIPアドレスを使った方が良いと思います。その理由は閲覧できるサイトが確実に増えるからです。日本のプロバイダのIPアドレスでも海外のサイトにアクセスできますが、海外のサイトの中には国外からのアクセスを規制しているところがあります。

その場合は許可された国のIPアドレスに乗り換えるしかありませんが、海外のIPアドレスが少ないプロキシサーバーは不便です。フランスのIPアドレスを使いたいのに、アメリカとイギリスのIPアドレスしかなかったら困りますね。

Bright Dataがデータセンターを置いている国はアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。これだけの国のIPアドレスが自由に使えたら、不便を感じることはないでしょう。

基本的に一アカウントにつき一つのIPアドレスですが、海外の情報を重点的に収集する会社は、最初から海外のIPアドレスと契約した方が便利です。

画像の表示を速くしよう

プロキシサーバーにはキャッシュ機能があり、一度閲覧したデータはプロキシサーバーのキャッシュ領域に残します。そのため二回目以降はwebサーバーにアクセスする必要がなくなるので、画像の表示が速くなります。

Bright Dataにもキャッシュ機能はあるので、頻繁に画像を閲覧する人はプロキシサーバーを利用した方が良いと思います。gmailも画像を表示するときは、プロキシサーバーを使っているみたいです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーの設定が戻る現象について解説をしましたが、実際に設定が戻ったときは困ります。インターネット上には解決法を示したサイトがありますが、体系化されていないので本記事では体系化しました。

プロキシサーバーをビジネスで使うときは、Bright Dataに限ります。Bright Dataのコストパフォーマンスの良さはわかっていただけたと思いますが、維持費は最安値プランで月額300$です。たった300$でビジネスが有利になるBright Dataは、本当にお得なプロキシサーバーだと思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)