プロキシサーバーの使い方を知り業務に活用しよう

プロキシサーバーは使い方次第で強力な味方になる

プロキシサーバーとは聞き慣れない名前ですが、使い方次第ではビジネスの強力な味方になります。プロキシサーバーはデータ収集に活用されることが多く、今では世界規模で使われるようになりました。

便利なプロキシサーバーですが、使い方を知らない人はまだまだいます。本記事ではプロキシサーバー初心者を対象に使い方を紹介しています。プロキシサーバーの特徴と使い方を知れば、ビジネスに活用できると実感するでしょう。

スキルのある人であればプロキシサーバを自分で構築することも可能ですが、最近は良質で安価なプロキシサーバーが登場しているので借りた方が断然効率的です。またセキュリティ面という観点からも、有料のプロキシサーバーをおすすめします。

有料のプロキシサーバーは多いですが、本当に優秀なプロキシサーバーとなるとBrightdataの一択です。Brightdataは海外のプロキシサーバーですが、日本人スタッフがいるのでいつでも日本語でアドバイスがもらえますよ。

Brightdata公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

プロキシサーバーの使い方を知る前に特徴を整理

プロキシサーバーはサーバーの一種で、基本的には利用者の代理として活躍してくれるサーバーです。利用者の代理になるサーバーですが、初めての人は実感できないでしょう。

以下ではプロキシサーバーの基本と、プロキシサーバーを設置する目的を詳しく紹介します。基本と目的を知れば、プロキシサーバーはビジネスに有意義だと実感できるでしょう。プロキシサーバを活用する企業は年々増えています。

プロキシサーバーを使う目的1:IPアドレスを隠すため

プロキシサーバーを使う目的の一つに、本当のIPアドレスを隠すことがあります。IPアドレスはアクセス解析ツールでも知ることができるし、プログラマであれば簡単にアクセスした人のIPアドレスを知るプログラムを組むことができます。

本来IPアドレスはプロバイダの回線に付属しているもので、YahooやGoogleといった大きなサービスでもIPアドレスは使われています。しかし実際WEBサイトはDNSサーバーを活用し、URLを表示しています。

IPアドレスは識別番号として機能していますが、神経質なWEBサーバーの管理者は何回もサイトにアクセスしてくるユーザーを警戒する傾向にあります。また管理者によっては、特定のIPアドレスをブロックするでしょう。

身元がばれても構わない企業であれば問題はないですが、身元をばらすのが嫌な企業もいるでしょう。プロキシサーバーはそのような企業の味方になります。

プロキシサーバーは利用者の代理なので、利用者とは違うIPアドレスを持っています。有料のプロキシサーバーは多くのIPアドレスを持っているため、一つのIPアドレスがブロックされても簡単に違うIPアドレスに乗り換えることができます。

IPアドレスは簡単にわかる
IPアドレスはツールや簡単なプログラムですぐにわかる。

プロキシサーバーを使う目的2:セキュリティ強化のため

プロキシサーバーはIPアドレスを隠すことができるため、外部からの攻撃を未然に防ぐことができます。IPアドレスは簡単に知ることができますが、悪意ある第三者が企業のIPアドレスを入手したら以下のような危険が予想されます。

スパイウェアやウイルスを仕組むかもしれません。しかしプロキシサーバー上にはログが残るため、犯人が特定しやすいです。またプロキシサーバー上でウイルスのチェックができるので、感染する可能性が低くなります。

プロキシサーバーを使う目的3:フィルタリングのため

プロキシサーバーにはフィルタリング機能があり、社内のユーザーがアクセスできるWEBサーバーを制限することができます。仕事中にネットサーフィンをして遊ぶ社員はいるでしょう。しかし閲覧できるサイトを制限することで、仕事に集中させることができます。

プロキシサーバーを使う目的4:通信速度の高速化

プロキシサーバーにはキャッシュ機能があり、一度アクセスしたサイトのデータはプロキシサーバー内に保存される仕組みになっています。プロキシサーバー内に保存されていたら、表示されるのが早いです。

この機能はブラウザーでもお馴染みですが、プロキシサーバーは多くの社内ユーザーがアクセスするので効果は抜群です。

通信速度は大切
通信速度が上がれば仕事の効率はアップ!

スポンサーリンク

プロキシサーバーの使い方の例

プロキシサーバーの特徴がある程度は見えてきたと思いますが、以下では業務での活用例を紹介します。紹介する活用例は、有料のプロキシサーバーを使えば簡単に実現します。

有料のプロキシサーバーといっても種類は多く、選択するときに悩むかもしれません。以下では、有料で評判の高いBrightdataを例に説明を進めていきます。

Brightdataの活用術1:身元を隠し情報収集

最近はインターネット上で情報を公開する企業が増えていますが、データが必要な企業はインターネットを活用しない手はありません。多くのデータが必要な仕事には以下があります。

  • 旅行業界
  • ネットショップ
  • 小売り業
  • 不動産業界
  • 人材派遣会社
  • 商品開発会社
  • インターネットマーケティング
  • 市場の調査
  • SEO対策

他にもデータが必要な企業はありますが、主なものを挙げました。これらの会社の現場スタッフはインターネットを活用しデータを収集しますが、ライバル会社も同じようにインターネットを活用しデータを収集しています。

しかし一部のライバル会社は、データを収集する企業に対して警戒心を抱いているかもしれません。警戒心を抱かれるようになると、最悪ブロックされる羽目になります。ブロックをするときは、IPアドレスを見ます。

IPアドレスが1つしかない場合、そのIPアドレスがブロックされたら二度と同じサイトにアクセスできなくなります。しかしBrightdataは複数のIPアドレスが利用できるので、1つのIPアドレスがブロックされてもダメージを受けることはありません。

Brightdataには4種類のネットワークがあり、合計3,500万個のIPを有しています。BrightdataのIPは便利で、国、都市、ASNが指定できモバイルの場合はキャリアの指定ができます。

仕事で使うならば有料のプロキシサーバー
有料のプロキシサーバーはIPアドレスが多いので便利!

Brightdata Proxy Managerを活用し効率的にデータ収集

BrightdataにProxy Managerを組み込むことは可能ですが、Proxy Managerを組み込めばデータの収集は格段に効率的になります。Proxy Managerの資料は英語で書かれていますが、こちらのサイトから申し込んでくれたら日本人スタッフが付きます。

日本人スタッフに相談すれば言語上の不明点もその場で解決できるし、システム上の不明点も短時間で解決します。

大量のデータを集めるのは大変
大量のデータを集めるのは大変なので、専用ツールを活用しよう!

Brightdataの活用術2:セキュリティ対策

有料のプロキシサーバーであるBrightdataを、セキュリティ対策のために活用するのは有意義です。Brightdataは世界的な企業で、全世界で10,000社以上の企業にサービスを提供しています。

Brightdataは、IPの新規ユーザーの審査を実施しています。プロキシサーバー内に悪意ある利用者が浸入する可能性はありますが、厳しく審査することで可能性は極めて低くなります。

ハッカーからの攻撃に対しても、Brightdataは万全の備えをしています。Brightdataはシステムと人による監視を実行していますが、ダブル監視は極めて効果的です。

Brightdataの活用術3:キャッシュを利用した業務のスピードアップ

Brightdataにもキャッシュ機能はあり、一度閲覧したサイトのデータはプロキシサーバー内に保存されます。このことは素早くデータを閲覧したい企業にとっては有意義です。

キャッシュを利用しない場合の例を紹介します。利用者はWEBサーバーにリクエストを送り、WEBサーバーは利用者のブラウザに情報を返します。

これは通常のインターネットの仕組みですが、大量にデータを閲覧する会社にとっては非効率的なシステムです。しかしプロキシサーバのキャッシュにサイトのデータを保存すれば、表示速度はかなり速くなります。

スポンサーリンク

Brightdataのプロキシサーバーの特徴を知り申込をしよう

Brightdataの特徴について紹介します。Brightdataの最大の特徴は、日本人スタッフがいることです。Brightdataはイスラエルのプロキシサーバーで、多くの資料は英語で書かれています。

しかしこちらから申し込んだ人には、日本人スタッフ付きのプロキシサーバーをご案内します。日本人スタッフがいることは便利で、言語上の不明点とシステム上の不明点は、日本語で説明してくれます。

場合によっては日本語の資料を作成してくれるので、他のスタッフと情報を共有することができます。インターネット上で情報を共有してもいいですが、紙の資料の方がさまざまな現場で使いやすいでしょう。

Brightdataは一ヶ月から利用可能で、決済方法はクレジットカードとPayPalです。クレジットカードに抵抗のある方には、PayPalの利用をおすすめします。PayPalは銀行口座と紐付けることが可能で、引き落とし額は銀行口座で確認できます。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーはWEBサーバーやメールサーバーと違いマイナーな存在ですが、情報化社会では存分に活躍します。

プロキシサーバーを自分で構築するとなると高いスキルと時間が必要になりますが、有料のBrightdataであればすぐに使えます。情報の大切さを実感している企業は、いますぐBrightdataを導入しビジネスに活用してください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

2件のコメント

bright data 登録しましたが、プロキシ作成方法が分からないです。英語ばかりで苦戦してます。サポートしてもらえると大変ありがたいです。

具体的にやりたいことを教えてもらえますか?
日本語も一部弊社で翻訳を提供して、HP内容も翻訳してもらってます。
また、こちらのブログのリンクから登録してもらえれば日本人の担当がつきますので、その人に聞いてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)