PS4にプロキシサーバーは必要ない!その理由と必要な場合の設定方法を解説

ps4 プロキシサーバー

「PS4のインターネット設定ってよくわからない」

「プロキシサーバーって何だろう」

「PS4を使うとき、プロキシサーバーはあった方が良いのかな」

 

PS4をインターネットに繋ぐとき、設定方法に迷ったことはありませんか?

 

・IPアドレス

・DNS

・MTU

・プロキシサーバー 等

 

インターネット接続するだけでも、複雑な専門用語が色々あって難しいですよね。

 

それぞれのルーターにどういう役割があって、どのように設定するべきなのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

 

今回はその中でも、内部ネットワークと外部インターネットを仲介するサーバーであるプロキシサーバーの必要性について取り上げます。

 

PS4にも設定が可能ですが、結論から言うとPS4にプロキシサーバーは基本的に必要ありません。

この記事を読むと以下のことがわかるようになります。

 

・プロキシサーバーを使うメリットは何か

・プロキシサーバーはなぜPS4に必要ないのか

・必要な場合のプロキシサーバー設定方法

・必要な場合のおすすめのプロキシサーバー

スポンサーリンク

 

そもそもプロキシサーバーって何?

 

プロキシサーバーの「プロキシ」は英語で「代理」という意味です。

その名の通り、サーバーのアクセスを「代理」で行うもので、内部のネットワークとインターネットの境界で用いられます。

 

プロキシサーバーを使うメリット

サーバーのアクセスを代理する主なメリットは以下の3つです。

 

・匿名性

・管理のしやすさ

・負担軽減

 

この章ではメリットを1つずつ解説していきますね。

 

①アクセス時の匿名性が高い

インターネットにアクセスしたとき、通常は接続先のサーバーに個人のIPアドレスが残ります。IPアドレスとはインターネット上の自分の居場所を表すものです。

 

仮にサーバーに残ったIPアドレスが何らかのかたちで他者に知られた場合、私たち個人のデータがハッキングなどの攻撃を受ける可能性があります。

 

しかし、プロキシサーバーを通すと、サーバーに残るのはプロキシサーバーのIPアドレスのみです。個人のIPアドレスは残らないので、サイバー攻撃の影響を受けずに済みます。

 

完璧に匿名性が保証されているわけではありませんが、有用なセキュリティ対策が可能です。

 

②一元的な管理がしやすい

プロキシサーバーはアクセス機器とインターネットを仲介する役割を持っています。プロキシサーバーを通ったアクセスに対して一元的に管理を行うことが可能です。

 

例えば、会社のような膨大な数のアクセスがある環境で役立ちます。一つひとつウイルスチェックやログ管理を行うのは大変ですが、プロキシサーバーを導入することで、管理情報がプロキシサーバー内に収集することが可能です。

 

管理情報の収集により、メンテナンスやフィルタリングが行いやすくなります。

 

③接続の負担を軽減できる

プロキシサーバーを使用してインターネット接続すると、アクセスを高速化して、負荷を低減することができます。データをキャッシュとして保持しておく機能のためです。

またプロキシサーバには、アクセスが集中した際、複数の機器にリクエストを振り分けることも可能です。

 

リクエストを振り分けることをロードバランシング機能と呼び、全体としての負荷が分散されます。

 

このように様々なメリットを持っているプロキシサーバーですが、PS4には必要でしょうか。

スポンサーリンク

 

PS4にプロキシサーバーは必要?

結論としては、PS4でインターネットを利用するときプロキシサーバーは「基本的に必要ない」です。

 

なぜ必要ないのか、なぜ「基本的には」なのかの理由をそれぞれ解説していきます。

 

接続先サーバーにたどり着く時間が遅くなる

プロキシサーバーを利用した場合、PS4とインターネットの間にプロキシサーバーを介します。

プロキシサーバーを介さない場合と比べると、ラグが発生してしまいまいオンラインゲームをする人に取っては命取りです。

普段使用する分には全く問題ありませんが、PS4の利用目的がオンラインゲームの方は、まず利用しない方が良いでしょう。

 

プロキシサーバーは主に企業向けサービスだから

管理のしやすさとセキュリティ対策がプロキシサーバーを利用する主なメリットです。

しかし、個人利用者が管理やセキュリティを必要とする場面は限られます。

そして、PS4でインターネットを利用する方は、ほとんどが個人利用ではないでしょうか。

 

・一元的な管理が必要ないこと

・セキュリティ対策はプロキシサーバー以外でもできる

・導入すると安くても月に5万円ほどかかること

 

以上の3点を考えると、個人で契約を行い使用するにはデメリットの方が大きいです。

基本的に、個人利用者のプロキシサーバー導入する必要は不要です。

 

「セキュリティ重視の方」と「組織で使用する方」は導入もあり!

PS4にプロキシサーバーは「基本的には」必要ありません。

 

一方で、「多少お金がかかってもセキュリティを万全にしたい」「組織としてPS4をインターネットに繋いで使っている」という方はプロキシサーバー導入を検討しても良いでしょう。

 

そんな方向けにプロキシサーバーの設定方法とおすすめのプロキシサーバーを紹介いたします。

スポンサーリンク

 

PS4のインターネット設定方法

 

PS4のインターネットを使用する際は、(ホーム画面)から(設定)へ飛び、(ネットワーク)を選択します。

 

(ネットワーク)の中にある(インターネット接続を設定する)をクリックすると

ps4ネットワーク設定

ネットワークの接続方法を選びます。

有線環境の場合は(LANケーブルを使う)を、

無線環境の場合は(Wi-Fiを使う)を選択しましょう。

インターネット接続方法設定画面

 

接続設定には2種類ございます。

(かんたん)と(カスタム)です。

インターネット接続設定

基本的には(かんたん)を選んでいただいて設定完了です。

 

「IPアドレスやDHCP ホスト名など、専門部分を自分でカスタマイズしたい」という方は(カスタム)をお選びください。

プロキシサーバーを使う場合も(カスタム)を選択し、登録。

IP アドレス、DHCPホスト名、DNS、MTUと順番に設定していくと、プロキシサーバーの設定画面に到達します。

 

(使う)を選択いただければ完了です!

※画像はいずれもPS4公式サイトから引用

スポンサーリンク

プロキシサーバーをつかうならLuminati

ここからはプロキシサーバーの購入を検討している方向けです。

プロキシサーバーは無料のものから有料まで、様々なものがありますが、情報が少なく、選ぶのが難しいですよね。

プロキシサーバーの導入を検討している方はLuminatiがおすすめです。

利用の管理がしやすかったり、日本人の専属スタッフがついたり、他のプロキシサーバーにはないサービスがついてきます。

こちらに詳しく情報が記載されておりますのでご確認ください!

 

 

 

まとめ

PS4にプロキシサーバーは基本的に必要ないです。

理由は、接続先サーバーとPS4の間に入るためラグが発生しやすくなること、そもそもプロキシサーバーの使用目的と合致しないことが挙げられます。

 

プロキシサーバーは会社や組織のセキュリティ管理が主な目的です。

組織で共有のサーバーを使う場合には重宝されますが、個人でPS4を使う分にはプロキシサーバーは必要ありません。

また、複雑なインターネット設定も同様です。

PS$でインターネットに接続する際は、複雑な設定は必要なく、インターネット設定の(かんたん)を選択するだけで、インターネットに繋ぐことができます。

用途に合った設定をして、PS4を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)