プロキシサーバーが原因の407エラーとは


プロキシサーバーと407の関係

プロキシサーバー絡みで407エラーが出ることはありますが、407とは何のエラーメッセージでしょうか?利用者は深く意味を知る必要はありませんが、エラーの概略は理解した方が良いと思います。エラーの概略を知ることで、適切な対策を取ることができるからです。

本記事では407エラーについて考察しますが、必要に応じて関連項目も深掘りしたいと思います。なお対象は初心者なので、基本的なことから解説したいと思います。プロキシサーバー絡みの407エラーが出たときは、是非とも参考にしてください。

407 Proxy Authentication Requiredとは何か?

「407 Proxy Authentication Required」はエラーメッセージですが、プロキシサーバーに有効な認証情報が不足しているときに発行されます。インターネットの世界にも安全性が求められますが、認証は安全性を確立するためには大切です。

「407 Proxy Authentication Required」が出たらwebサーバーにアクセスできませんが、インターネット上にはさまざまな解決策が掲載されています。しかし技術的な説明なので、慣れている人以外は理解しにくいです。

それでも試行錯誤するうちに、必ず腑に落ちる日がきます。本記事では、インターネット上の解決策をより噛み砕いて解説しますね。

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの橋渡し

プロキシサーバーは、クライアントとwebサーバーの間にあります。通常のインターネットはクライアントがwebサーバーにリクエストを送りますが、プロキシサーバーを利用しているときは通信経路が変わります。

プロキシサーバーを利用しているときもwebサーバーにリクエストを送りますが、リクエストはまずプロキシサーバーに届けられます。そしてプロキシサーバーはクライアントに代わり、webサーバーにリクエストを届けます。

プロキシサーバーの役割を解説しましたが、プロキシサーバーに問題がある場合は、正常にwebサーバーにリクエストが届きません。407エラーの場合もリクエストは届かないので、ユーザーは何らかの対策を立てなければいけません。

スポンサーリンク

プロキシサーバー絡みの407エラーの概略

プロキシサーバー絡みの407エラーはさまざまなシーンで出ますが、以下ではエラーの概略を解説します。

407エラーの解消法はソフトによって違う

407エラーの解消法はソフトによって異なるため、ソフトのサポートページを参考にするのが一番です。たいていは設定画面を編集することで解決すると思いますが、サポートページに詳しい説明がない場合は問い合わせてください。

407エラーはメールソフトで出たり、ネット系のソフトで出ることが多いですが、出たときはサポートのアドバイスに従うのが一番です。下手にあれこれ操作するよりも、サポートのアドバイスに従った方が早く解決すると思います。

大部分の407エラーはクライアント側で対処できる

407エラーはクライアント側で解消できることが多いです。信頼できるサイトに加えたり、プロキシを使用するにチェックを入れたりすることで解決します。ただブラウザの種類によっては、設定できない可能性があります。

その場合は違うブラウザで試すしかありませんが、一度ブラウザにフィードバックを送ることをおすすめします。フィードバックを送ることで、今後改善する可能性があるからです。

ブラウザ以外のソフトも、フィードバックを送ることが大切です。ただ有料のソフトの場合はサポートがあるので、直接サポートセンターに不具合を伝えましょう。

プロキシサーバーがダウンしている可能性もある

たいていの407エラーはクライアント側で対処できると解説しましたが、プロキシサーバーがダウンしている可能性もあります。そのときも407エラーを吐き出すかもしれません。その場合は、クライアント側のソフトを操作するだけでは解決しません。

一通りクライアント側の操作をしても解決しない場合は、プロキシサーバーを疑ってもいいと思います。プロキシサーバーが障害情報をアナウンスしてくれたら一番いいですが、プロキシサーバー業者によってはアナウンスしない可能性があります。

その場合は問い合わせフォームで問い合わすしかありませんが、問い合わす前にコマンドプロンプトでプロキシサーバーにアクセスしてもいいかもしれません。アクセスするときはプロキシサーバーのIPアドレスを指定する必要がありますが、前もってメモしておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク

プロキシサーバー絡みのエラー番号は他にもある

プロキシサーバー絡みのエラーは407だけではなく、他にもあります。対処方法はエラーの内容によって異なりますが、まず最初に試すことを紹介します。

プロキシサーバーのアドレスとポートは合っているか?

プロキシサーバーの設定方法はデバイスによって多少は異なりますが、いずれもアドレスとポートが間違っていたら正常に作動しないのでエラーが出る可能性があります。

アドレスとポートはプロキシサーバーから指定されたものを入力すればいいのですが、紛らわしい文字が含まれている場合は入力間違いする可能性があります。

この問題を回避するには、コピーアンドペーストするのが一番です。コピーするときは、スペースを含まないように注意しましょう。スペースを含まずコピーする方法はいろいろありますが、筆者は文字の後ろからコピーするようにしています。

スマートフォンでアクセスする場合はWi-Fiが正常かどうかを確かめる

スマートフォンでプロキシサーバーにアクセスするときはWi-Fiの電波を利用しますが、Wi-Fiに接続したつもりが実際は接続できていないことがあります。正しく接続しているかどうかを確かめるには、スマートフォンのネットワーク関連の項目を確認するのが良いと思います。

実際に接続していたら、「接続済み」と表示されているはずです。また機種によってはオンオフを切り替えるタイプもあるので、オンになっているのかも必ず確認してください。

プロキシサーバーがメンテナンス中でないかを確かめる

プロキシサーバーのメンテナンス中は、正常にプロキシサーバーにアクセスできません。そのためおかしいと思ったら、プロキシサーバーのメンテナンス情報をチェックしましょう。プロキシサーバーのメンテナンス情報はホームページで確認できると思いますが、記載していない場合はメールで問い合わせしましょう。

プロキシサーバーのメンテナンスは深夜帯に実施されることが多いですが、外国のプロキシサーバーの場合は時差があるので注意が必要です。現地では深夜帯であっても、日本では昼間でもあることは珍しくありません。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

プロキシサーバーを選ぶときはサポートが良いサービスに限る

プロキシサーバーを選ぶときは、サポートが良いサービス会社に限ります。サポートが良いサービス会社は対応が早いので、ビジネスで使う人は助かると思います。サポートが良いプロキシサーバーはいろいろありますが、Bright Dataが一番良いと思います。以下ではサポート以外のメリットを紹介します。

Bright Dataは有人監視をしている

Bright Dataは機械監視ではなく、有人監視をしています。有人監視の利点は機械が見逃す異変も、キャッチできる可能性があるところです。人間には直感がありますが、Bright Dataの監視スタッフも直感でプロキシサーバーの異変を発見します。

いつもとは少し違うトラフィックの場合、機械監視は見逃す可能性があります。しかし有人監視であれば、直感でおかしいと思うはずです。Bright Dataの監視スタッフの質は高く、少しの異変でも素早く対処します。

海外のIPアドレスを使いたい人は助かる

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。海外のIPアドレスを使うメリットは、なんと言っても怪しまれないことです。

webサーバーの管理者はアクセスしてきたIPアドレスを知ることができますが、あまりにも国外からのアクセスが多い場合は警戒心を抱くと思います。場合によってはブロックする可能性があります。

Bright Dataはパソコン用のIPアドレスだけではなく、モバイル用のIPアドレスもあります。それも日本国内だけではなく、国外のモバイル用のIPアドレスです。これだけ多くのIPアドレスを保有しているプロキシサーバーは、Bright Dataだけだと思います。

一ヶ月から契約できる

プロキシサーバーと契約する前は、あれこれ悩むものです。本当に良いプロキシサーバーだろうか?期待と違ったらどうしよう・・・長期契約しかないので契約するのが怖い。このような人はいると思います。

Bright Dataは一ヶ月単位で契約できるので、気楽に契約できます。万が一期待と違っても、一ヶ月だけの出費で済みます。また無料期間中に解約したら、一円もかかりません。不安な方はまず、一ヶ月試したらどうでしょうか?一ヶ月もあれば、かなり多くのことが試せますよ。

まとめ

プロキシサーバー絡みの407エラーについて解説をしましたが、407エラーはささいな原因で発生することが多いです。発生したときは慌てずサポートに連絡するか、インターネットで解決法を探すことです。

プロキシサーバーを選ぶときは、サポートの良いBright Dataを候補に入れてほしいと思います。Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも気楽に契約できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)