Proxiesの意味を解説

Proxiesは英語

Proxiesという単語は英語で、代理(権)、委任状、代理投票、代理人などの意味があります。ちなみにProxiesは、proxyの複数形です。Proxiesの意味を英英辞典でも調べました。英英辞典は「someone who you choose to represent you, especially to vote for you」と解説しています。

上記の英文の意味はProxiesとは代理人、特に選挙のときの代理人と言っています。しかしProxiesという単語は、コンピューターの世界で有名になりました。なぜコンピューターの世界で有名になったのかは不明ですが、プロキシサーバーが関係しているのは間違えないでしょう。

本記事では、コンピューターの世界のProxiesを深掘りしたいと思います。話が少し脱線するかもしれませんが、最後までお読みいただけたら幸いです。

なぜコンピューターの世界でProxiesが必要なのか?

コンピューターの世界のProxiesも代理人の意味を持っていますが、なぜ代理人が必要なのかを考えます。

異なる機器間の通信にはIPアドレスが必要

インターネットもそうですが、異なる機器と通信するには相手を識別できる独自の番号が必要です。人間は名前がわからなくても顔で相手を識別することができますが、コンピューターや通信機器は相手の顔を見ることができません。

そのような事情があったので、IPアドレスは登場しました。IPアドレスはコンピューターや通信の世界で通用する番号で、ローカルアドレスとグローバルIPアドレスがあります。

ローカルアドレスは社内ネットワークでしか使えませんが、グローバルIPアドレスは全世界で使えます。非常に便利なグローバルIPアドレスですが、仕事によっては相手に知られたくないことがあります。

IPアドレスを知られたくない人がいる

IPアドレス自体は通信の識別番号で合法的なものです。しかしIPアドレスからわかることはあります。簡単にわかることはプロバイダ名と、最寄りのルーター情報でしょう。また学校や会社のインターネット回線を使っている場合は、学校や会社のこともわかる可能性があります。

悪いことをしていなければ、IPアドレスが知られても何の問題もないはず・・と思う人はいるでしょう。このような疑問を抱くのは当然ですが、一部の人はやはりIPアドレスが知られたら都合が悪いのです。

情報収集のために、ライバル会社のホームページを閲覧することはあるでしょう。しかし閲覧される企業は、アクセス者のIPアドレスを知ることができます。アクセス解析ツールや、専門サイトを利用すれば簡単です。

調べた結果・・ライバル企業らしきIPアドレスだと、わかったらどうなるでしょうか?神経質なweb管理者であれば、該当のIPアドレスをブロックするでしょう。ブロックされたら二度と、同じIPアドレスではそのサイトにアクセスできません。

このような心配があるので、プロバイダのIPアドレスを隠したいのです。本当のIPアドレスを隠したい人は、プロキシサーバーを使うことが多いです。プロキシサーバーを使えば、IPアドレスの代理をしてくれます。

海外のサイトを閲覧するときはProxiesの方が便利

IPアドレスの代理を頼めば、海外のサイトを閲覧するときに有利です。海外のサイトを閲覧したことがない人は実感できないかもしれませんが、海外のサイトの中には国単位でアクセスを規制しているところがあります。

そのようなサイトにアクセスしようと思えば、許可されているIPアドレスに乗り換えるしかありません。許可されている国のIPアドレスに乗り換えるのは難しくなく、利用者はプロキシサーバーと契約するだけです。後はデバイスやブラウザのネットワーク設定を変更するだけで、IPアドレスの乗り換えは完結します。

Proxiesは利用者から見れば代理人

Proxiesは利用者から見たらIPアドレスの代理人ですが、webサーバーから見たら単なるアクセス者にすぎません。webサーバーにはアクセス者のIPアドレスが通知されますが、Proxiesに詳しい管理者以外は代理人であると気付かないでしょう。

Proxiesに詳しい管理者はProxiesと気付く可能性はありますが、利用者の本当のIPアドレスは基本的にバレることはありません。

プロキシサーバーとよく似た仕組みにVPNがありますが、VPNとプロキシサーバーは通信方法が異なります。一番の違いは通信を暗号化しているかどうかですが、プロキシサーバーは基本的に暗号化できません。

Proxiesの問題点

これからは、コンピューターの世界のProxiesの問題点を解説します。

悪質な書き込みに利用される可能性がある

匿名掲示板は登録なしで投稿できるのがメリットですが、匿名のメリットを利用し悪質な書き込みをする人は一定数いるようです。一部の匿名掲示板はIPアドレスの一部が表示される仕組みになっていますが、Proxies経由の場合はProxiesのIPアドレスが表示されます。

匿名掲示板は昔からありましたが、昔の匿名掲示板はProxiesを利用している人が多かったと思います。しかし最近は警察もネットワークの専門家を雇うようになったので、Proxies経由でも見破られるケースが増えてきました。

個人情報が盗まれる可能性がある

Proxiesは代理人ですが、本当の顔を見たことがある人はいません。Proxiesを具現化するプロキシサーバーは機械的にIPアドレスを入れ替えるので、本当の顔が見えないのは当たり前です。

厳格に個人情報を管理するプロキシサーバーであれば問題はないと思いますが、一部のプロキシサーバー業者は個人情報の管理が甘いです。そのため、個人情報が流出する可能性があります。流出した個人情報は、悪用される可能性が高いです。

具体的な悪用例はセールスメールだと思いますが、突然見知らぬ人からメールが来るようになったら個人情報が盗まれている可能性があります。

安全且つ経済的にProxiesを使いたい人は有料のプロキシサーバー

Proxiesはビジネスでも使えますが、ビジネスで使うときは安全性と経済性を考えなくてはいけません。すべてではありませんが無料のプロキシサーバーは、安全性という点では問題があります。経済的にはコストはゼロですが、ビジネスで使えるかといえばそうではありません。

無料のプロキシサーバーは、多くの人を一台のプロキシサーバーに詰め込んでいるので、通信が遅くなりがちです。多くの利用者が一台のプロキシサーバーを使えば資源の食い合いになり、結果的に通信の遅延が発生します。

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、有料のプロキシサーバーに限ります。またビジネスに便利なプロキシサーバーを選ぶのが基本です。現時点でビジネスで一番使えるのは、Brightdataです。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataがビジネスに便利な理由

これからはBrightdataが、ビジネスに便利な理由を解説します。初めて契約する人は参考にしてください。

プロキシマネージャーが無料で使える

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは自分で管理する必要がありますが、プロキシサーバーによっては管理が難しいです。Brightdataにはプロキシマネージャーがありますが、プロキシマネージャーを使えば、プロキシサーバーに関するさまざまな設定が簡単にできます。

プロキシマネージャーでできることは多いですが、万人に便利な機能は以下です。

  • トラフィックの最適化
  • 匿名のクローラーでSNSにアクセス
  • ログの閲覧

トラフィックの管理

プロキシマネージャーでできるトラフィックの管理は限定的ですが、トラフィックが混雑状態のときは助かります。トラフィックが混雑すればレスポンスが悪くなり、イライラする人が増えるでしょう。

しかしトラフィックを最適化すれば、通信はスムーズになります。一般的にトラフィックの管理は高度な技術が必要ですが、プロキシマネージャーを使えば一般の人でもできます。

匿名のクローラーでSNSにアクセス

SNSは本音が飛び交う場所ですが、本音を分析したらビジネスに活用できます。しかしSNSの世界は大海で、人力ですべての情報を収集するのは大変です。しかし匿名のクローラーを活用したら、プログラムが自動的に情報を収集してくれるので楽です。

クローラーは人間のように融通は利きませんが、単純な基礎情報の収集はクローラーに任せた方が効率的です。クローラーは大海にある無数の基礎情報を、瞬時に収集します。

ログの閲覧

プロキシサーバーはアクセスログを記録しますが、アクセスログは工夫次第でビジネスに活用できます。アクセスログからわかる主な情報は以下です。

  • アクセスした時間
  • アップロードやダウンロードの履歴
  • アクセスしたURL

仕事を外部スタッフに依頼することはありますが、ログを見たら本当に仕事をしているかどうかがある程度はわかります。またログを見ることで、不正アクセスのチェックもできます。プロキシサーバーのログ内容は整理されていませんが、プロキシマネージャーを活用すれば効率的に閲覧できます。

世界のIPアドレスが使える

職種によっては、海外の情報を集める必要があるでしょう。海外の情報を集めるときはインターネットが便利ですが、一部のサイトは国外からのアクセスを禁止しています。禁止するときはIPアドレスを参考にしていますが、該当の国のIPアドレスを使っている人はそのサイトにアクセスできません。

しかし許可された国のIPアドレスを使えば、閲覧できるようになるでしょう。Brightdataは世界10ヶ国にデーターセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。

まとめ

Proxiesの意味について解説をしましたが、Proxiesという言葉はコンピューターの世界でポピュラーになりました。ポピュラーになったのはプロキシサーバーの存在が大きいですが、プロキシサーバーは今後も増えると予想されています。

プロキシサーバーが増えるのは情報収集ビジネスに便利だからですが、プロキシサーバーを選ぶときはBrightdataを候補にいれてほしいと思います。Brightdataは世界の有名企業も使っているプロキシサーバーで、ビジネスの強い味方になります。

Brightdataは一ヶ月からの契約が可能で、最安プランは「EXPERIMENTING」です。最安プランですが、プロキシサーバーに必要な機能はすべて搭載しています。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)