ubuntu上にプロキシサーバーを構築

プロキシサーバーは人気のubuntuでも構築できる

プロキシサーバーが構築できるOSは多いので、初めて構築する人は迷うと思います。初めてプロキシサーバーを構築する人は、情報が多いubuntuがいいかもしれません。情報の多さで構築環境を決めるメリットは、躓いたときに助かるからです。

プロキシサーバーはwebサーバーのようにポピュラーではないので、技術者でも初めて構築するときは迷います。しかし情報が多ければ何とかなるものです。

本記事ではubuntuでプロキシサーバーを構築する方法を紹介しますが、初心者でもわかりやすいように基本的なことから解説したいと思います。プロキシサーバーはプライベートで使っても面白いので、関心のある方は是非挑戦してください。

ubuntuとは何か?

ubuntuはLinuxディストリビューションの一つで、フリーソフトとして提供されています。Linuxディストリビューションのフリーソフトは他にもありますが、ubuntuは初心者に優しいOS(オペレーティングシステム)といわれています。

Linux特有のrootでのログインは標準では無効になっていますが、sudoは使えます。sudoの権限範囲はrootに近く、さまざまな設定ができます。デフォルトで写真編集ツール、オフィースソフト、ブラウザ、メッセージャーが搭載されています。

ubuntuは初心者に優しいせいか、急速にシェアを伸ばしてきました。シェアが伸びるにつれ、ubuntuでプロキシサーバーを構築する人も増えてきました。Linux系統のubuntuは、プロキシサーバーと相性がいいです。

ubuntuでプロキシサーバーを構築する流れ

これからはubuntuでプロキシサーバーを構築する流れを紹介しますが、基本の基本からみていきます。

ubuntuをインストールする

まずはパソコンにubuntuをインストールしますが、配布先は多いです。英語ができる人は本家のサイトでもいいですが、英語が苦手な人は日本語サイトからダウンロードしてください。日本語サイトはコミュニティも紹介していますが、躓いたときはコミュニティで相談してください。

Ubuntu Japanese Team

インストールはGUIベースでできるので比較的簡単だと思いますが、聞き慣れない専門用語が登場するので、初心者は以下のサイトを参考にインストールすればいいと思います。

【初心者でもわかる】Ubuntuのインストール方法まとめ

ubuntuにプロキシサーバー構築ソフトをインストールする

ubuntuにはプロキシサーバー構築機能がないので、別途プロキシサーバー構築ソフトをインストールする必要があります。好きな構築ソフトを使えばいいですが、初めての人は情報が多いプロキシサーバー構築ソフトが便利です。

squidはプロキシサーバー構築ソフトの定番で、インターネット上には多くの情報があります。また完全無料で使えるので、お金をかけたくない人は助かります。squidの公式サイトではソースコード版が紹介されていますが、バイナリ版の方が手間がかからないと思います。

squidのバイナリ版

squidをインストールするときもsudoコマンドを使います。sudoコマンドはLinuxを囓ったことがある人であれば、簡単に習得できます。

通信の許可を与える

squidをインストールした後は、さまざまな項目を編集しなければいけません。まずはポート番号を編集しましょう。squidは3128番のポートを使うので、3128番に通信の許可を与えなければいけません。

無事に許可が反映されたら、3128番が「allow 」と表示されます。次にすることはユーザーの登録ですが、ユーザー名とパスワードを入力します。

ユーザー認証をしたい人はapache2-utilsをインストールする

プロキシサーバーを仲間内だけで利用する場合は、ユーザー認証ができたら便利です。ユーザー認証は、「apache2-utils」を使えば簡単です。「apache2-utils」をインストールした後は、Squidの設定ファイルを変更する必要があります。

設定ファイル名は「squid.conf」ですが、設定する項目は以下です。

  • ユーザー認証ファイルを指定する
  • 認証プロセスの最大数を決める
  • ブラウザで認証プロンプトに表示されるテキスト内容を決める
  • 認証が保持される時間を決める
  • 指定したユーザーによるアクセスを許可する

ubuntuでプロキシサーバーを使うときはセキュリティ対策をしよう

プロキシサーバー構築後は、セキュリティ対策をしましょう。アドレスを公開していない場合は、さほど心配する必要はないかもしれませんが、不特定多数の人が使う場合はユーザーの行動をチェックがした方がいいと思います。

プロキシサーバーにはログ機能があるので、ユーザーの行動がある程度はわかります。ログはテキストファイルなので閲覧時に特別なソフトは必要ありませんが、ユーザーの行動を整理したい人はExcelなどの表計算ソフトに転記したらいいと思います。

最近はプロキシサーバー用のウイルス対策ソフトが販売されているので、ウイルスが心配な人はインストールしてください。

ビジネスでプロキシサーバーを使う人は有料のサービスが安上がり

ビジネスでプロキシサーバーを使う人は自前のプロキシサーバーよりも、有料のプロキシサーバーと契約した方が安上がりです。ubuntuもSquidも無料で使えますが、ビジネスで使うときは他の出費があります。

  • IPアドレスの取得
  • ハイスペックなパソコン
  • 帯域の広いインターネット回線

ビジネスで必要なプロキシサーバーの条件を挙げましたが、セキュリティ対策もしなければいけません。大切な企業秘密が外部に流出したら大変です。企業秘密を狙うハッカーは24時間攻撃をしかけてきますが、24時間ずっと監視するのは個人では無理です。

最近の有料のプロキシサーバーは維持費が経済的で、中小企業でも十分に費用は捻出できます。経済的な価格帯ですが機能は盛りだくさんで、必ずやビジネスの強い味方になるでしょう。有料のプロキシサーバーは多いですが、総合的に考えたらBright Dataが一番だと思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataでビジネスを運営した方が安上がりな理由

これからはBright Dataでビジネスを運営した方が、安上がりな理由を考えます。

初めから多くのIPアドレスが用意されている

プロキシサーバーを使う最大の目的はIPアドレスの隠蔽ですが、ubuntu+squidの組み合わせでも条件次第ではプロバイダのIPアドレスは隠蔽できます。プロバイダと契約したらIPアドレスは付与されますが、プロキシサーバーをビジネスで使うときは、固定のIPアドレスが必要です。

固定のIPアドレスの価格はプロバイダによって異なりますが、筆者が使っているプロバイダでは1万円以上します。10の固定IPアドレスを取得したら、最低でも10万円します。10万円を1回払って終わりではなく、月額なので毎月支払う必要があります。一年に換算したら、中古の車は十分に買える額になります。

Bright Dataは世界中にデータセンターがあり、データセンターが有するIPアドレスの数は770,000個といわれています。基本的に一契約につき一つのIPアドレスですが、STARTERプランであれば月額500$で契約できます。

3アカウント取得すれば1,500$になりますが、海外のIPアドレスを使えることを考えたら十分に安いです。海外のIPアドレスが使えたら、閲覧できるサイト数は格段に増えます。日本のプロバイダのIPアドレスでも海外のサイトにアクセスはできますが、海外のサイトの中には他国のIPアドレスをブロックしているところがあります。

日本のIPアドレスがブロックされたら許可されているIPアドレスを使うしかありませんが、Bright Dataと契約すれば簡単に使えるようになります。

セキュリティ対策に気を配る必要がない

ビジネスでプロキシサーバーを使うときはセキュリティ面にも気を配る必要がありますが、自分で運営している場合はセキュリティ対策も自分でしなければいけません。しかしプロキシサーバーの管理は難しく、専門の人を雇わなければ何の対策もできません。

利用者は24時間プロキシサーバーを使っているので、監視する側は24時間体勢で監視をする必要があります。これは現実的には無理ですね。

Bright Dataは有人監視なので、プロキシサーバーに異常があればすぐに対策をしてくれます。もちろん対策費用は月額料金に含まれているので、利用者は追加料金を支払う必要はありません。

高価な周辺機器を購入する必要がない

自前でプロキシサーバーを運営するときは周辺機器を揃える必要がありますが、プロキシサーバー用の周辺機器は高価です。パソコンだけでもかなり高いです。またインターネット回線も帯域の広いタイプを選ぶ必要がありますが、帯域が広くなればなるほど契約料金は高いです。

高い周辺機器を購入して元が取れたらいいですが、元を取る頃には周辺機器が古くなる可能性があります。古くなりすぎた周辺機器はガタが出始め、正常に作動しません。そうなれば買い換えるしかないですが、買い換え費用は馬鹿になりません。

Bright Dataの周辺機器も老朽化しますが、買い換え費用はすべてBright Dataが支払うので利用者は心配する必要がありません。Bright Dataの周辺機器は最新で、パフォーマンスは抜群です。

まとめ

ubuntu上にプロキシサーバーを構築する方法を解説しましたが、意外に簡単だったのではないでしょうか?頭の中では難しく感じても、実際に試してみたら簡単だったと思う人は多いと思います。

ビジネスでプロキシサーバーを使う人は自前のプロキシサーバーよりも、Bright Dataと契約した方が断然お得です。Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。

Bright DataはクレジットカードとPayPalが利用できるので、日本からでも簡単に契約できます。また一ヶ月から契約できるので、不安な方は一ヶ月契約から始めてください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)