プロキシサーバーに必要なスペック

プロキシサーバーにも必要なスペックはある

パソコンのソフトのパッケージには、必要なインストール条件が書かれているのが一般的です。インストールの条件を満たさなければ快適に作動しないし、最悪の場合インストールすらできない可能性があります。

プロキシサーバーにもスペックの条件はあり、条件を満たさなければ快適に作動しません。あまりにも条件とかけ離れている場合は、プロキシサーバーがダウンする可能性があります。プロキシサーバーを運営するときはスペックの条件を考慮する必要がありますが、一般的に必要なスペックの条件の定義はマチマチです。

本記事では使用方法別に、プロキシサーバーに必要なスペックの条件を考えてみたいと思います。プロキシサーバーを初めて構築する人は、参考にしてください。

プロキシサーバーに必要なスペックの詳細

これからはプロキシサーバーに必要なスペックを具体的に考えます。

ビジネス目的の場合は総合的に考える

多くの人がアクセスするプロキシサーバーは、十二分な処理速度が必要です。処理速度に関係するパソコンのパーツはCPUとメモリですが、パソコンだけに注目するのは賢明ではありません。

プロキシサーバーをビジネスで使うときは、ハイスペックなパソコンだけではなく、帯域の広いネットワーク、負荷分散装置、IPアドレスを変換する機器などが必要です。

どれぐらいのスペックが必要なのかは、使用方法によって変わってきます。プロキシサーバーのレンタル業を始める場合は、サーバーマシーンぐらいのスペックは必要でしょう。サーバーマシーンクラスは高価ですが、処理速度は一般のパソコンと比較したらかなり速いと思います。

趣味目的の場合は取り敢えず動けばいい

趣味でプロキシサーバーを運営する人は、高価なパソコンは必要ありません。インターネット回線も、家庭向きで問題はありません。また負荷分散装置は不要だし、IPアドレスを変換する機器も高価なものは必要ありません。

趣味でプロキシサーバーを運営する人は、無料のプロキシサーバー構築ソフトを利用したらいいと思います。無料のプロキシサーバー構築ソフトでも、必要最低限の機能は搭載しています。

もちろんバリバリに速いプロキシサーバーを求める人は、各機器に十分なお金をかけても構いません。しかし高価な機器を揃えても、初期投資を回収するのは難しいです。個人ができる初期投資回収方法は、広告収入ぐらいしか思いつきません。

広告収入を夢見る人は多いですが、広告収入は生半可な努力では得ることはできません。無料のプロキシサーバー業者の中には、広告収入だけで運営費用を賄っているところがあると思われますが、そのようなプロキシサーバー業者は日々地道な努力をしています。

プロキシサーバーに必要なスペックの詳細

これからはプロキシサーバーに必要なスペックの詳細を解説しますが、使うシーンによって必要なスペックが異なるので参考程度に読んでください。

少人数で使う場合のスペック

少人数で使う場合の必要スペックですが、カゴヤのサーバー研究室様のホームページを参考にしました。必要なスペックは以下です。

  • CPUは1コア
  • メモリは1GB
  • 記録媒体はSSDで20GB
  • OSはCentOS8(64bit)

大多数で使うには不十分なスペックのような気がしますが、少人数であれば十分でしょう。初めてプロキシサーバーを構築する人は、マニュアルが充実しているレンタルサーバーを借りた方がいいと思います。

カゴヤのサーバー研究室

ビジネスで使う場合のスペック

ビジネス目的の場合は高スペックなパソコンが必要ですが、エックスサーバー様のスペックを参考にしました。エックスサーバー様のパソコンは大量のアクセスに強いといわれていますが、スペックをみると納得です。

cpuは48コア、メモリは512GBです。圧倒的なスペックですが、多くのユーザーが資源を共有するので超高スペックにしたのだと思います。しかし情報収集産業などは自社のスタッフしかプロキシサーバーを使わないので、ここまで高スペックでなくても大丈夫だと思います。

エックスサーバーのスペック

ビジネスでプロキシサーバーを使う人はレンタルの方が経済的

自前のプロキシサーバーをビジネスで活用することは可能ですが、ビジネス目的の場合はレンタルした方が経済的です。以下ではその理由を詳しくみます。

買い換え費用が不要

プロキシサーバーの機器も経年劣化しますが、劣化の度合いが激しいと交換しなければいけません。しかしビジネス用の機器は高価で、簡単に交換はできません。

プロキシサーバーをレンタルすれば交換機器の交換費用は業者持ちなので、利用者は一銭も支払う必要がありません。このことは見逃しがちですが、非常に大きなポイントです。

セキュリティ対策の手間が省ける

プロキシサーバーを公開すれば、さまざまな攻撃を受ける可能性があります。攻撃を防ぐにはセキュリティ対策をするしかありませんが、プロのハッカーに対抗するのは一般の人では無理です。そうなれば専門の業者に依頼するしかありませんが、専門の業者に依頼すればコストがかかります。

セキュリティ対策は365日24時間しなければいけないので、年間のコスト代は馬鹿にはなりません。プロキシサーバーをレンタルすれば、プロキシサーバー業者がセキュリティ対策をしてくれるので楽です。

セキュリティ対策はサービス業者がしてくれますが、心配な方はプロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトをインストールすればいいでしょう。

海外のIPアドレスが使える

日本国内の日本人でも外国に自前のプロキシサーバーを置けば、海外のIPアドレスは使えるでしょう。しかし海外に自前のプロキシサーバーを置くのは、一般の人は難しいです。しかしプロキシサーバーをレンタルすれば、いとも簡単に海外のIPアドレスが使えます。

海外のIPアドレスを使うメリットは、閲覧できるサイト数が増えることです。海外のサイトの中には国単位でアクセスを規制しているところがありますが、規制された国の人はそのサイトにアクセスできません。

しかし許可された国のIPアドレスに乗り換えたら、閲覧できるようになります。ネットサーフィンをあまりしない人は気付かないかもしれませんが、閲覧できない海外のサイトは確実にあります。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataと契約すれば安上がり

安物買いの銭失いという言葉がありますが、Bright Dataは例外です。Bright Dataは安いだけではなく機能も充実しています。現在の最安プランは月額300$ですが、以下で紹介する機能をみるとお得感を感じるでしょう。なおプランによって、使える機能が異なることはあります。

情報を自動収集するクローラがある

Bright Dataには情報を自動収集するクローラがあります。クローラとはインターネット上のサイトを巡回するシステムですが、検索サイト大手のGoogleもクローラを活用しています。Bright Dataのクローラも優秀で、見つけたい情報が短時間で収集できます。

情報の中には分析不要な情報がありますが、分析不要な情報はクローラに任せた方が絶対に効率的です。クローラ機能だけでも、Bright Dataと契約する価値はあります。匿名で作動するクローラは、情報収集ビジネスには必要です。

インフラが充実している

Bright Dataのネットワーク稼働率は常に100%に近いですが、高いネットワーク稼働率を支えているのは充実のインフラです。Bright Dataは世界の有名企業も利用していますが、世界の有名企業からも支持されているのはネットワーク稼働率が高いからです。

ビジネスはスピードが大切ですが、ネットワークが頻繁に不具合を起こしたらビジネスのスピードは大きく阻害されます。しかしインフラが充実し、優秀なエンジニアがいるBright Dataであれば心配はいりません。

同時接続数に制限がない

格安のプロキシサーバーの中には、同時接続数を規制しているところがあります。同時接続数を規制されたら、多数のスタッフを抱える企業は困ります。Bright Dataは使用デバイス数の制限もないので、ある人はパソコンでアクセス、ある人はモバイルでアクセスすることができます。

webサーバーを利用している人は経験していると思いますが、同時接続数が規制されたらかなり速度は遅くなります。我慢できる遅さであればいいですが、限界を超した遅さはビジネスのスピードを大きく阻害します。

使える海外のIPアドレスが多い

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターが置かれている国のIPアドレスは自由に使えます。基本的に1アカウントにつき1つのIPアドレスですが、海外の情報をメインに収集する企業は、海外のIPアドレスと契約したらいいと思います。

Bright Dataが保有している海外のIPアドレスはアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。旅行会社は海外の情報を仕入れることが大切ですが、現地のIPアドレスを使ったら便利ですよ。

有人監視で安心

プロキシサーバーを公開すれば、さまざまなトラブルと遭遇します。簡単なトラブルであれば専用ソフトで解決できるかもしれませんが、大部分は人間の的確な判断がなければ解決できません。人間の方が判断力が優れているのは、過去の経験と直感があるからです。

Bright Dataスタッフは365日24時間体制でプロキシサーバーを監視しているので、プロキシサーバーの異変を見逃すことはありません。万が一異変を発見したときは、素早く対応します。Bright Dataの技術者は一流で、さまざまなトラブルを解決してきました。

まとめ

プロキシサーバーのスペックについて解説をしましたが、それぞれ使用用途が違うので一般論になってしまいました。スペック選びで大切なことは使用目的を明確にし、使用人数も明確にすることです。それができたら大きな失敗はないと思います。

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、Bright Dataに限ります。Bright Dataは低価格帯ながら、機能は充実しています。Bright Dataは海外のプロキシサーバーですが、日本からでもオンラインで申し込みできます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)