プロキシサーバー の文字化けの原因と対策を紹介

Isometric vector illustration of young programmer coding a new project using computer. Man sitting on the big laptop and working.

プロキシサーバーの文字化けの原因を知り対策を立てよう

メールのやりとりをしているときに、文字化けメールが送られてきたことはあるでしょう。特に外国からのメールは、文字化けするケースが多いです。文字化けされたメールは読むことができず、当然返信もできません。

文字化けはメールの世界だけではなく、webサービスの世界でもあります。インターネットの掲示板は有名ですが、掲示板でもときどき文字化けは発生します。実は文字化けは、プロキシサーバーを活用しているときも発生します。

本記事では文字化けの原因と対策法を詳しく紹介します。プロキシサーバーを活用しているときに文字化けが発生したら、本記事を参考にしてください。

文字化けが発生する根本原因は何?

文字化けを見たことがある人はいると思いますが、多くの人は文字化けの原因を知りません。以下では、一般的な文字化けの原因と対策方法を紹介します。

文字化けの発生原因は文字コードの相違

コンピューターの世界には、文字コードという仕組みがあります。日本でよく使われれている文字コードには、「Shift-JIS」、「EUC」、「UTF-8」などがあります。

プロキシサーバー経由でインターネットをするときも情報の結果はブラウザーに表示されますが、ブラウザーがwebサーバーの文字コードを誤解釈することはあります。文字化けは、ブラウザーの誤解釈によって発生するケースが圧倒的です。

最近はUTF-8が多い
最近はUTF-8で保存するサイトが増えている
文字コードの数は多い

文字コードを指定していないファイルはブラウザが誤解釈しやすい

インターネットコンテンツは基本的にhtmlファイルで作成されていますが、htmlファイルを作成するときも文字コードを決め保存しなければいけません。しかしhtmlファイルの文字コードと、ブラウザーの文字コードが違う場合は文字化けが発生します。

通常ブラウザーは自動的にhtmlファイルの文字コードを判別しますが、ファイルに文字コードを指定していない場合は誤解釈することがあります。誤解釈した場合はブラウザーの文字コードを変更すればいいですが、ブラウザーによっては変更できないことがあります。

htmlファイルはコンテンツ作成の基本
基本的にサイトはhtmlファイルで作成されている

スポンサーリンク

プロキシサーバーが原因で文字化けすることもある

文字化けの基本的な原因を解説しましたが、プロキシサーバーが原因の文字化けもあります。以下では、インターネット上の実例に解説を加えます。

Apache リバースプロキシで文字化けするときの対処法

Apacheはwebサーバーとして有名ですが、Apacheにはリバースプロキシ機能があります。リバースプロキシ機能とは、クライアントとサーバーの間に入り通信を中継する機能ですが、機能的にはプロキシサーバーそのものです。

そんなApacheリバースプロキシ機能でも、文字化けの事例はありました。文字化けの原因は文字コードの不一致でしたが、通信先のWebサーバーと同じ文字コードにすることで解決したようです。

Apacheリバースプロキシの最初の文字コードは「UTF-8」になっていますが、通信先のWebサーバーの文字コードも「UTF-8」ならば変更する必要はありません。

キャッシュが原因で文字化けする可能性もある

プロキシサーバーにはキャッシュ機能があるものが多いですが、キャッシュするときに異なる文字コードに変換されることがあります。確たる原因は不明ですが、文字コードが明示的に指定されていない可能性があります。

文字化け対策の注意点

自分でApacheリバースプロキシを運営している人は、直接ファイルの文字コードを変更することができますが、プロキシサーバーをレンタルしている場合は難しいです。

変更が難しい場合は、ブラウザ側で対応するしかないでしょう。またはプロキシサーバーの運営者に相談するのもいいですが、無料のプロキシサーバーの場合は、相談に乗ってくれない可能性が高いです。

有料のプロキシサーバーでも文字コードの変更には難色を示す可能性がありますが、目的を丁寧に説明すれば相談には乗ってくれるでしょう。

プロキシサーバーのデフォルトの文字コートがわかれば、ケースによっては自力で解決できます。解決の基本は文字コードを明示的に指定することですが、社内ネットワークでプロキシ機能を使っている場合は、自由にファイルの編集ができます。

文字コードを明示的に指定する方法は簡単で、メタタグに指定するだけです。「UTF-8」にしたい場合は、<meta charset=”UTF-8″>と入力してください。ただテキスト編集ソフトが「UTF-8」をサポートしていない場合は、メタタグに指定しても無駄です。

このことはプロキシサーバーのファイルを編集するときも同様で、編集するときは適切なテキスト編集ソフトを使わなければいけません。

最近は無料のテキスト編集ソフトでも多くの文字コードをサポートしているので、有料のテキスト編集ソフトを購入する必要はありません。無料のテキスト編集ソフトの中には、改行コードも指定できるものがあります。

スポンサーリンク

プロキシサーバーのキャッシュが原因で文字化けする場合は、キャッシュを削除するのが効果的ですが、キャッシュの削除方法はプロキシサーバーの環境によるので、ドキュメントをしっかり読むしかありません。

ドキュメントをしっかり読めばキャッシュのルートがわかると思いますが、ルートがわかればキャッシュのディレクトリーを削除すればいいでしょう。ただこの操作は、プロキシサーバーに精通している人にしかおすすめできません。

テキスト編集ソフトを見つけるには
vectorや窓の杜で探せば見つかるよ

社内の情報管理にBrightdataを活用しよう

複数の支店がある場合は情報をネットワークで管理すれば便利ですが、プロキシ経由のネットワークだったら情報を取り出すレスポンスがよいです。レスポンスがいいのはキャッシュ機能があるからですが、同じ情報を何回も取り出す場合はキャッシュ機能を利用した方が効率的です。

プロキシ機能を使い社内ネットワークを実現するにはプロキシサーバーと契約する必要がありますが、Brightdataをおすすめします。社内ネットワークでプロキシサーバーを使う場合も安全性が大切ですが、世界的に評価が高いBrightdataであれば心配はいりません。

社内ネットーワークであれば文字化けは自力で解決できるので、プロキシ初心者は社内ネットワークから始めた方がよいでしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataをおすすめする理由

以下では、Brightdataをおすすめする理由を詳しく紹介します。紹介する内容はビジネスで使うときには非常に大切で、一つでも欠けていたらビジネスは円滑に進みません。

日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでもらえば日本人スタッフ付きのプランをご紹介しますが、日本人スタッフがいるのは心強いです。Brightdataは外国のサービスで基本的にドキュメントは英語で書かれていますが、理解できない英語は日本人スタッフに聞いてください。

またプロキシサーバーを運営しているうちに技術面の壁に突き当たる可能性はありますが、日本人スタッフに相談すれば解決は早いと思います。

英語が得意な人でも細かいことは伝えにくいものです。しかし相談できる人が日本人であれば、複雑な相談でも問題はないでしょう。

日本人スタッフ付きのプロキシサーバーは少ない
日本人スタッフがいるだけでも価値はある

多くのIPアドレスを保有している

Brightdataは4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有していますが、国、都市、ASNが指定できるので便利です。モバイルの場合はキャリア指定も可能です。国、都市、ASNが指定できれば、web管理者の監視をかいくぐることができます。

IT知識のあるweb管理者はアクセス者のIPアドレスを調べることで、ある程度アクセス者の所在地を絞り込むことができます。アクセス者の所在地がライバル会社の所在地だった場合、神経質なweb管理者は該当のIPアドレスをブロックする可能性があります。

審査を実施している

Brightdataは新規ユーザーに対して審査を実施しているため、悪質なユーザーは審査時点で排除できます。プロキシサーバーは多くの人が利用していますが、1人の悪質なユーザーが他のユーザーに迷惑をかける可能性はゼロではありません。

しかし審査を実施すれば、悪質なユーザーが入り込む可能性は低くなります。一部のプロキシサーバーは機械的に新規ユーザーを受け入れていますが、安全性を重んじるBrightdataは今後も新規ユーザーに対して審査を実施するでしょう。

拡張機能が便利

BrightdataにBrightdata Proxy Managerを組み込むことは可能ですが、Brightdata Proxy Managerはデータ収集をスムーズにするツールです。会社によってはデータ収集に多くの時間を割いていると思いますが、データ収集がスムーズに進めばコスト削減に繋がるのは言うまでもありません。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーの文字化けについて解説をしましたが、プロキシサーバーの文字化けは知識があれば必ず解決できます。万が一プロキシサーバーによる文字化けが発生したら、本記事を参考にしてください。

プロキシサーバーは万能ではありませんが、データを収集するビジネスでは不可欠なものです。効率的にデータを収集したい人は、是非ともBrightdataを活用してください。きっと満足すると思います。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)